six

心地よいフィット感が、
スーツを脱ぎたくない、という感覚にさせる

ジョルジオ アルマーニのメイド・ トゥ ・メジャー「セカンドフィッティング」

ジョルジオ アルマーニ六本木店のフィッティングルーム。MTMでは、ここでフィッティングがおこなわれる。

細部を詰めていく作業が
完成へと導く

3月の採寸から約50日。夏野剛さんのスーツがあがってきた。とはいっても、まだ完成ではない。これからセカンドフィッティングを行い、細部を詰めていく作業が残っている。

 まず、担当者から仕様についての確認がある。

 夏野さんのスーツは、グレーの表地にブラウンの裏地というコンビネーション。表の生地は、ウールベースにモヘアが16%入ったもの。裏地にはジョルジオ アルマーニのサインが入っている。そして、水牛の2ボタン。サイドベンツであった。

 袖はこれから調整するので、まだついていない。

 夏野さんは、「ピタッとしたサイズ感が、身が引き締まって好きだ」ということだったので、そこを重視してチェックしていくという。

 まず、パンツからである。担当者と夏野さんの会話のキャッチボールで進められていく。

 裾の長さ、そして、裾はシングルのままでいいのか?ということだ。

 「裾はこの長さでちょうどいいと思います。夏物なので、やっぱりシングルが軽やかな感じでいいですね」

細身のシルエットが好みの夏野さんは、18.5㎝の裾幅をさらに1cm詰めるという。

 ただ、横向きにシルエットを確認して夏野さんが唯一気にしたのが、パンツの太さだった。

 「もうちょっと細くてもいいと思うので、すこし詰めていただけますか?」

 夏野さんは脹脛の筋肉が発達していることもあり、あまり細くしすぎると乗っかる感じになる。だから、あえてそこまで細くはしていなかった。それでも18.5㎝である。それを1㎝詰めることになった。大丈夫なのだろうか?

 でも、そこは百戦錬磨。「膝のあたりで消すイメージで」ということで詰めるようだ。素人感覚では、どう解決するのかまったくわからないが、それはあがってきたときのお楽しみとしよう。

 形、長さは決まったので、次は履き心地である。座って、立ってを繰り返す。チェクポイントは腿のあたりである。ここは「何の違和感もない」ということで、このまま行くことになった。

 

[PR]

  • 1
  • 2

福留亮司(ふくとめ・りょうじ) [編集者/ライター]

高級時計、ゴルフ、小物など、Six読者が興味を持つトピックスを広くカバーする知見がある編集者兼ライター。営業やマーケティングへの理解も深く、生活者をの橋渡しに長けている。


six-fashion

ライフスタイル・マガジン「Six」が送るファッションの最新情報。

「six-fashion」

⇒バックナンバー一覧