ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
気になるあの本を読んでみた!ベストセラー目のつけどころ
【第31回】 2017年6月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
田坂苑子

悪習慣は続くのに良い習慣が続かない理由は「脳の仕組み」にあった!

1
nextpage

ダイエット、英会話、スポーツクラブ、禁煙、読書……なぜ私たちは、やると決めた「良い行動」を続けられないのでしょうか? 「やめられない悪習慣」と「続かない良い習慣」。その違いは一体何なのか? 全米ほか世界各国で大ベストセラーになっている『小さな習慣』から、「良い目標」が続くようになるエッセンスをご紹介します。(文/田坂苑子)

 時のたつのは早いもので、今年もすでに半分が過ぎた。そこでふと思い出すのが、年明けに誓った「今年はこれをがんばる!」という目標。気持ちを新たにしたときにはやる気がみなぎっていたのに、いつのまにかすっかり忘れている。そんな方も多いのではないだろうか。

『小さな習慣』 スティーヴン・ガイズ著/田口未和訳 1400円+税 ダイヤモンド社刊

 今年こそは!と誓ったダイエット、英会話、スポーツクラブ、禁煙、読書……あれもこれも、続かなかったことばかり。それなのに、やめたいと思うような悪習慣は体に染みついている。

 なぜ、悪習慣は続くのに、習慣にしたいと思う「良い行動」は続かないのか?

 その理由を「脳の仕組み」から解き明かし、全米ほか世界各国で大ベストセラーになっている『小さな習慣』が話題だ。

 脳を味方にして、だれでも「良い目標を習慣化」することができる方法は、実はとてもシンプル。それは「目標をとにかく小さくする」ことだという。著者のスティーヴン・ガイズ氏によると「目標は大きいよりも小さい方がいい」し、しかも「失敗しようがないほど、小さくていい」という。それは一体なぜなのか?

運動、ダイエット、読書――
いい習慣が長続きしないのはなぜ?

 毎日続けて、習慣にしたいと思っている行動が身につくには、約21日かかる……という説を聞いたことはあるだろうか。30日だとか、平均は66日だという説もある。だが多くの人は、その前に挫折する。

 そう、身につけたい習慣というものは、往々にして身につく前にやめてしまうことが多い。習慣づくりのための自己啓発本やセミナーなども数多く存在するが、それも古今東西あまたの人々が、行動の習慣化が難しいことを痛感してきたからだろう。水泳、ジム、ヨガ、コアリズム、スロトレ、ポケモンGO(に頼ったウォーキング)……等々、習慣化に失敗した行動は枚挙にいとまがないが、66日の壁を超えて2年間も続けていた週3日程度のジョギングですら、結局今はやっておらず、なぜ習慣にできなかったのかと首をかしげている(晩酌は欠かさない、といった習慣は続いているにもかかわらず、である)。では良い習慣とは、いったいどうしたら身につくのだろう?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、7/2~7/8)




気になるあの本を読んでみた!ベストセラー目のつけどころ

今、巷で話題になっている本、売れている本、気になっている本をさくっと一気読みしてみました。そこでわかったベストセラーの理由とは。これさえ読めば、流行り本のすべてがわかる!

「気になるあの本を読んでみた!ベストセラー目のつけどころ」

⇒バックナンバー一覧