また、カフェインは飲んでから脳に届くまで約30分かかり、いったん届いたカフェインは4時間程度残留する。

 この性質をうまく利用すると仮眠の効果を高めることができる。仮眠の前にコーヒーを飲むのだ。カフェインは効くのに30分程度かかるので、仮眠して目覚めるころに眠気がブロックされ、その後4時間程度はその状態を保ってくれる。コーヒーは「起きたら飲む」ではなく「飲んでから眠る」が正解だ。