ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ワークス研究所の労働市場最前線

「優秀だと思った新人がなぜ……」
若手の適応・不適応を見抜く
大学時代の経験を読み解く法

豊田義博 [リクルート ワークス研究所 主幹研究員]
【第14回】 2011年7月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 クイズから始めてみたい。

 以下にあげる左の文章は、同じ大学を卒業し、有名企業に入社して3、4年たっている5人の若手社会人の大学時代の経験。右の文章は、社会人としてデビューした後の状況。順番はばらばらにしてある。どれがどれに対応するのか、推理してみてほしい。

大学時代の経験

 まず、大学時代の経験には、以下の文章が入る。

①受験に大失敗で、すべり止め大学に入学。「こんなところで負けてたまるか!!」と勉強に励み、難関ゼミではゼミ長を買って出る。サークルに入るも、あまりのぬるさに即リタイアし、社会人野球チームにコミット。数々のバイトを経験、「金もらってんだろ、まじめにやれ!!」とプロからの叱責を浴びることも。

②一浪で、第1志望群の大学に合格。「新たな経験を!!」と目標を掲げ、入学後すぐに、歴史のある国際ボランティアサークルに参加し、その活動に没頭。あるイベントのリーダーに立候補するなど「高校までの自分では考えられない」経験も。充実した4年間で、一生の宝となる友人もできた。

次のページ>> 入社後の状況
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

豊田義博 [リクルート ワークス研究所 主幹研究員]

(とよだ よしひろ)1983年東京大学卒業後、リクルート入社。新卒採用広報の制作ディレクター、就職ジャーナル・リクルートブックなどの編集長を経て現職。主な著書に『就活エリートの迷走』(ちくま新書)、『新卒無業。』(共著/東洋経済新報社)、『「上司」不要論』(東洋経済新報社)などがある。
リクルート ワークス研究所ホームページ


ワークス研究所の労働市場最前線

超就職氷河期、非正規社員の比率の高まり、社内教育制度の限界など日本の労働市場は、大きな転換期にある。労働市場の研究所として名高いリクルート社のワークス研究所の研究員が、就職、転職、キャリアパス、制度問題など、労働市場を360度の視点から縦横に分析する。

「ワークス研究所の労働市場最前線」

⇒バックナンバー一覧