HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

貧困、いじめが過激な思想を生むきっかけに…
引きこもりを追い詰める過去のトラウマの重さ

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第74回】

 最近、ますます引きこもりがひどくなったと明かすのは、神奈川県に住む山崎和郎さん(仮名=38歳)。

 ここ1ヵ月ほど、家から出られない状態が続いている。受話器の向こうの声もかすれていて、どこか話をするのがつらそうだ。

 ひどくなったきっかけは、「支援団体で無理をしたことかな」という。

 山崎さんはこれまで、支援団体に頼まれ、家族や本人たちの相談相手を務めてきた。相談先の窓口に「当事者」がいることは、同じ目線で相談に乗ってもらえるのではないかという意味で、相談者の支援団体への敷居を低くする。

 ところが、である。

「相談者より自分の家庭の方がひどい…」
うごめき始めた過去のトラウマ

――相談に乗っていて、疲れちゃった感じですか?

 「まあ、そんな感じですね」
 「他にも、知らなくてもいいことまで、知っちゃった、みたいな…」

――差し障りのない範囲でいいですけど、知らなくていいことって、どんなこと?

 「例えば、自分の家庭が、いちばんひどいんじゃないか、みたいな…」

――相談者の家庭のほうが、マシなように思えたってことですか?

 「そうそう、そうですね」

――そのことがショックだったんですか?

 「それも、ありますね…」

 相談に乗っているうちに、気づいていなかったトラウマがうずいてしまって引き出されることは、珍しいことではない。相手の話を聞いていて、自分の危うさを刺激されることは、往々にしてあることだ。

 自分のことだけでなく、家族などの周囲の状態を思い出して、あいまいだった記憶が結びついてしまうような、きっかけにつながることもある。当事者が支援団体の窓口で相談に乗ることは、そうしたリスクも伴うものである。

1 2 3 4 >>
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧