ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田村耕太郎の「坂の上に雲はない!」

財政危機が米欧関係を分断する!
ドイツと中国が急接近

田村耕太郎
【第24回】 2011年8月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

NATO“タダ乗り”常連のドイツに敵意を示す米国

 ハーバードからアメリカ最古で最強のシンクタンクといわれる、ランド研究所に移籍。アメリカの世界戦略を練る専門家たちと議論できる刺激的な毎日だ。議論の刺激が増しているのは来年が大きな転換期であるからだ。2012年はアメリカ、ロシアで大統領選挙、中国の政権交代等がある。これに欧州財政危機が絡む。これから来年にかけて、世界地図が大きく塗り替えられるかもしれない。その主役は中国。欧米財政危機で欧州と米国を分断し、中国が欧州を取り込むのではなかろうか?アメリカの危機感は増す。

 欧州の中でも中国と急接近を見せるのがドイツだ。ドイツと中国の関係が欧米関係を左右するだろう。中国はアフリカや南米で見せつけている存在感の高まりを、欧州の危機に乗じて欧州で再現しようとしている。一方、アメリカは、リビア作戦を巡って欧州諸国と衝突。NATOの足並みが乱れ、米国は“同じ財政落第生”である欧州についていらだちを見せる。中でもNATO“タダ乗り”常連、ドイツに敵意を表す。

中国を大歓待したドイツの思惑

 6月下旬、中国の温家宝首相が英国、ハンガリー、ドイツ等欧州を訪問した。中でもドイツでは大歓待を受けたという。温首相はウルフ大統領とも会談。メルケル首相とは共に第6回中独経済・技術フォーラムに出席。自動車、化学、機械、電子・電気器具、投資等20近くの二国間協力に締結。契約総額は150億ドルを超えた。また両国は、貿易・投資拡大の促進でも一致。2015年をめどに二国間貿易額2800億ドル達成を目指すことでも合意した。

 ドイツと中国は、電気自動車開発事業の戦略的パートナーシップを構築。加えて、新エネルギー、省エネ、環境保護などの分野で協力拡大も宣言した。中国にとってドイツは欧州最大の貿易相手国。最大の直接投資・技術の導入元でもある。ドイツの中国への想いが現れたものなのではないか。ドイツでは二国間経済協力の推進ばかりでなく、欧州財政危機救済について踏み込んだ意見交換があったのではないかと言われている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田村耕太郎

エール大学、ハーバード大学元研究員。
世界で最も多くのノーベル賞受賞者を輩出したシンクタンク、ランド研究所にて唯一の日本人研究員を務めた。新日本海新聞社相談役。前大阪日日新聞代表取締役社長。国立シンガポール大学公共政策大学院元研究員。
‘02年から‘10年まで2期参議院議員を務める。その間、内閣府大臣政務官(経済財政・金融・地方分権・再チャレンジ各担当)、参議院国土交通委員長を歴任。
著書には『君は、世界を迎え撃つ準備ができているか?』『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?』などがある。

 

 


田村耕太郎の「坂の上に雲はない!」

欧米だ、シンガポールだ、韓国だ、中国だ、そんなことを言っても、キャッチアップのモデルはもはや世界に存在しない。日本は日本の現状に合わせて自らをモデルチェンジするしかない。坂の上にもはや雲はない!

「田村耕太郎の「坂の上に雲はない!」」

⇒バックナンバー一覧