ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チーフオフィサー

目前の問題を先送りせず、
長期的な成長と雇用増を目指せ

危機に求められるリーダーシップ

坂根正弘
2011年9月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

同じ分野に多数の企業がひしめく日本の産業界。産業集約は大きな課題として指摘されてきたが、その動きは遅々としたものである。日本企業は「雇用」を口実に、課題解決を先送りしてきたのではないだろうか。コマツ取締役会長・坂根正弘が提言する。

大震災であらためて感じた日本の現場の底力

 東日本大震災は、日本企業の強さと弱さを浮かび上がらせたのではないだろうか。日本企業の強さは現場の底力である。コマツの工場も被害を受けたが、わずか2週間足らずで復旧にこぎつけた。進むべき方向が明確に示された時、日本人はすさまじい力を発揮する。

坂根正弘
(c) Junichi Waida

 サプライチェーンの問題点も指摘されたが、結果としては日本の部品産業の強さを印象づけた。部品レベルでの優位性をいかに維持、強化するかは、日本経済にとってきわめて重要な課題である。

 優れた技術を持っていたとしても、将来にわたって世界市場で競えるほどの規模を持つ企業は少ない。ある程度まで産業集約を進める必要があるだろう。どの業界も最終商品メーカーの数が多いことは、その業界だけでなく部品メーカーの低収益の原因にもつながっている。

 「顧客に言われたとおりのものをつくる」状態からの脱却もメーカーにとって切実な課題だ。顧客に対して「これを使ってください。他の選択肢はありません」と言えるような企業になれるかどうか。この戦略はトップの強力なリーダーシップが必要となる。熾烈化する競争を勝ち抜くために、経営者には事業の統廃合も含めた大胆な決断が求められる。

 2006年、私はコマツの社長としてシリコンウエハー製造のコマツ電子金属(現SUMCO TECHXIV)を売却した。当時は同社に大きな投資をするたびに、コマツの株主や他の事業部門の人たちからは「なぜ、こんな大金が必要なのか」と言われ、しかもその投資はいつも後追いだった。業界順位も低く、社員がもっと幸せになれる道があるのではないかと私は考えた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

坂根正弘

1941年島根県生まれ。63年大阪市立大学工学部卒業後、小松製作所(コマツ)入社。コマツレッサー社(KDC 現コマツアメリカ)社長などを経て2001年に社長に就任。07年会長。13年4月から相談役。この間、経団連副会長、産業競争力会議議員、経済産業省総合資源エネルギー調査会会長なども歴任。著書に『限りないダントツ経営への挑戦』(日科技連出版社)、『ダントツ経営』(日本経済新聞出版社)、『言葉力が人を動かす』(東洋経済新報社)などがある。


チーフオフィサー

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューに登場した国内外のエグゼクティブが、ビジネスの新しい視点、自社の戦略を解説します。
 

「チーフオフィサー」

⇒バックナンバー一覧