ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
出口治明の提言:日本の優先順位
【第19回】 2011年8月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
出口治明 [ライフネット生命保険(株)代表取締役会長]

失われた15年で明らかになった
リーダー不在は政界だけの問題ではない

1
nextpage

 ちまたでは、「失われた10年」もしくは「15年」という言葉がよく使われている。これはこの間のわが国経済の停滞を象徴する言葉であるようだ。しかし、「一体何が失われたのか」については必ずしも明確になっていないと思われる。今回はこの問題について考察してみたい。

日本・米国・欧州の3極を比較すると
わが国の落ち込みは明らか

 発展著しいBRICsはひとまず置いて、かつては経済3極と呼ばれていた日・米・欧の15年をまず単純比較してみよう。

 欧州は独・仏・英の3国を対象とした。ちなみにこの3国でEUの27カ国GDPの約5割(2010年)を占めている。

★1:GDP(実質、単位:10億)
   1995(①)  2010(②)  ②/①
 日本(円)  479,716  539,739  113%
 英国(ポンド)  964  1,312  136%
 ドイツ(ユーロ)  1,867  2,243  120%
 フランス(ユーロ)  1,256  1,622  129%
 米国(ドル)  9,093  13,245  146%
財政赤字(政府債務(General government gross debt)対GDP比、単位%(②‐①はポイント))
   1995(①)  2010(②)  ②-①
 日本  92  220  128
 英国  46  77  31
 ドイツ  56  80  24
 フランス  55  84  29
 米国  71  92  20
(出所)GDP、財政赤字は「IMFWorld Economic Outlook Database, April 2011」からのデータをもとに作成(小数点以下は四捨五入)

★2:株価
   1995(①)  2010(②)  ②/①
 日本  19,868  10,228  51%
 英国  3,689  5,899  160%
 ドイツ  2,260  6,914  306%
 フランス  1,256  1,622  129%
 米国  5,117  11,577  226%
(出所)株価はBloombergからのデータ(各年末の数値)。それぞれ、日経平均(日)、ダウ工業株30種(米)、DAX指数(独)、CAC40指数(仏)、FTSE100指数(英)

 

★3:中央銀行の資産規模

◆(出所)日本銀行金融市場局「2010年度の金融市場調節」(2011年4月)

 これを見ると一目瞭然だが、この15年間に突出して財政を出動させ、また金融緩和を大胆に行ってきたのは、まさに日本であった。この表には表れてないが、この15年間に為替市場に介入したのも日本だけである(溝口財務官の時代におよそ35兆円に及ぶ大規模介入を行ったことはよく知られている通りである)。

 このような財政・金融政策の大幅な緩和は、通常の経済学の教科書に従えば、民間投資が盛り上がってくるまでのいわば「場つなぎ」(景気循環の下降局面における下支えあるいは時間稼ぎ)としての機能を持つとされている。そして、わが国では、この「場つなぎ」が実に15年も続いているのである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


出口治明 [ライフネット生命保険(株)代表取締役会長]

1948年、三重県美杉村生まれ。上野高校、京都大学法学部を卒業。1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の初代財務企画専門委員会委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て同社を退職。その後、東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師などを務める。2006年にネットライフ企画株式会社設立、代表取締役就任。2008年に生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更、同社代表取締役社長に就任。2013年6月24日より現職。主な著書に『百年たっても後悔しない仕事のやり方』『生命保険はだれのものか』『直球勝負の会社』(以上、ダイヤモンド社)、『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『「思考軸」をつくれ』(英治出版)、『ライフネット生命社長の常識破りの思考法』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。

ライフネット生命HP

 


出口治明の提言:日本の優先順位

東日本大地震による被害は未曾有のものであり、日本はいま戦後最大の試練を迎えている。被災した人の生活、原発事故への対応、電力不足への対応……。これら社会全体としてやるべき課題は山積だ。この状況下で、いま何を優先すべきか。ライフネット生命の会長兼CEOであり、卓越した国際的視野と歴史観をもつ出口治明氏が、いま日本が抱える問題の本質とその解決策を語る。

「出口治明の提言:日本の優先順位」

⇒バックナンバー一覧