有機ELテレビの需要はあるが
手頃な液晶テレビでも十分では?

 また、各社の有機ELテレビの出足も好調というわけではなさそうだ。ハイエンド製品では有機ELテレビの需要はあるだろうが、液晶テレビも十分に薄く高画質であり、高価な有機ELを求めるよりも手頃な液晶テレビで十分なのだろう。
 
 ソニーは有機ELテレビについて、製品ラインアップを広げるためのものでハイエンドは液晶テレビであると説明していたので、液晶テレビは旧世代の安物というわけではないのだろう。少なくとも有機ELの登場には、ブラウン管から液晶にシフトしたときほどの驚きはなく、市場がこぞって次世代有機ELテレビに流れるということはないのではないか。

 もちろん、有機ELの価格が下がれば普及するという見解もあるが、本末転倒だ。価格が下がるということは付加価値が低下するということである。液晶から有機ELにシフトするメーカー側の期待としては、より付加価値が高く収益性の良い製品にシフトしたいという思いがあるからで、「価格が下がれば」という前提には意味がない。有機ELパネルは液晶パネルに比べて、日本の化学などの部材メーカーが技術を活かせる部品が少なくなるので、日本のものづくり全体を考えても筋の良い話ではない。

 そもそも現時点でLG電子もかなり無理をして大型有機ELパネルを生産しているようで、歩留まりはあまりよくなく、パネルコストはかなりかかっているようだ。可能性としてはプラズマの二の舞になるかもしれない。

 話を小型有機ELに戻そう。小型有機ELに対する期待感は、アップルの有機EL採用に端を発していると言える。伸長する中国のスマホメーカーによる有機ELの採用も、後押しになっているだろう。

 しかし、中国有力スマホメーカーの有機EL採用は、日本で期待されているような、より高性能で付加価値の高い製品としての有機ELというわけではなさそうだ。中国でファーウエイに次ぐシェアを持つOPPOも、サムスン製の有機ELパネルを採用したスマホを発売しているが、有機EL採用を前面に出して宣伝はしていない。それどころか、同じ型番号の製品で有機ELと液晶が混在している製品まである。