ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

アマゾンがスタートアップの販売手段などを支援
大きな可能性を秘めた「ローンチパッド」とは

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第437回】 2017年8月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

スタートアップにとって販売ルートは大きな悩み

車のダシュボードに置いて、ナビゲーションやメール通知などをフロントガラスに重ねて見られるナブディ(Navdy)の製品(「アマゾン・ローンチパッド」のイベントに展示されていたスタートアップの製品から。ほかも同じ)

 スタートアップは、今やソフトウェアだけでなく、ハードウェアでも面白い新製品を生み出している。これまでにない機能性を盛り込んだIoT製品は、その代表格だろう。こんな風に生活を便利にするアイデアがあったかと、感心するような製品がたくさんある。

 だが、そうした新製品はどこで見つければいいのだろうか。

 すでに話題になっていて耳にしたということならば、そのスタートアップのホームページから購入することも可能だ。だが、似たような他の製品があるのならば見比べてみたいとか、聞いたこともない製品があるのならば知りたいといった場合、けっこうな時間を費やして調べるしか、その存在を知る方法はない。

 アマゾンは、そのギャップに目をつけた。インターネットの巨大デパートとも言えるアマゾンは、アメリカで2015年に「アマゾン・ローンチパッド」(Amazon Launchpad)というプログラムをスタートさせている。同プログラムは現在、日本を含む世界の8ヵ国で展開中だ。

 アマゾン・ローンチパッドは、われわれ消費者から見えるところでは、上述したようなスタートアップが開発した新製品が買える場所だ。アメリカのローンチパッドのサイトを見ると、現在8000点近い商品が販売されている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
 
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧