ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

“三ちゃん経営”の業界を一変させた
集客4000万人の“元祖”学生起業家
ラウンドワン社長 杉野公彦

週刊ダイヤモンド編集部
【第157回】 2011年9月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ラウンドワン社長 杉野公彦
Photo by Toru Miyagawa

 大学2年目も終盤にさしかかったある日。杉野公彦は、したためた100枚以上に及ぶ分厚いレポートを提出しようとしていた。向かった先は大学の研究室ではない。1年前にローラースケート場を開いた父親の元だった。

 3人兄弟の末っ子の「事業計画書」に父親が付けた“成績”は「可」。現在、109店舗に年間4000万人が来客する国内最大の複合アミューズメント会社、ラウンドワンが産声を上げた瞬間だった。

 当時、父親の経営するスケート場は不振にあえいでいた。開店半年で閑古鳥が鳴き、赤字は7000万円にふくらんでいた。

 「経営を立て直すには、暇な大学生を集める工夫がいる──」

 スケート場で店番をしていた杉野は、密かに事業計画を練り始めた。

 たどり着いた答えが、スケート場の面積を半分に減らし、空いたスペースにボウリング場やゲームセンター、ビリヤードなど、思いつく限りの屋内型アミューズメント設備を複合的に詰め込むこと。現在のラウンドワンの原型だ。

 とはいえ、設備投資には分不相応のカネがかかる。渋る父親が息子に課したのが、冒頭の事業計画書だった。

 「事業計画といっても、子どもの小づかい帳のような代物。だが、ラウンドワンの原点だ」と杉野は苦笑を交え振り返る。

 1982年、父親から2000万円の資金提供を受け、中古のボウリング機を導入したものの、自らペンキを塗り、空調も満足に効かないようなハンドメードの店舗だった。

 それでも杉野の読みは、当たった。年間1800万円だったスケート場の売り上げは、屋号をラウンドワンに改めた同年に4300万円へと倍増。以降も8400万円、1億2000万円と毎年うなぎ登りとなった。

 閉店時間はスケート場時代の午後7時から、午後10時、午前2時と延び続け、年中無休で毎日15時間以上働いた。

 父親に支払うテナント料は、スケート場時代の売り上げと同額の月150万円と決して安くはなかった。杉野は「参っちゃうよね」と笑うが、業績が伸びるにつれ、最後は月550万円を払っていたという。

業界を一変させるも
リーマンショックにより初の赤字に転落

 無欲で始めた1号店を軌道に乗せ、「初めて事業欲が出てきた」という杉野は、地元・大阪で2号店、3号店を次々にオープンした。

 転機となったのは、4番目に開いた「泉北店」だ。

 ベンチャーキャピタルから「上場を視野に」と資金提供を持ちかけられ、計20億円を調達。初めて自己所有の土地建物で4号店をオープンさせた。

 そして97年、大証2部に上場、全国展開への橋頭保として横浜への進出を果たした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧