これまでに一度も感じたことのない
“不思議な走行感覚”

 そして、最大の驚きは走り出してからやってきた。

人間中心が発想の、第二世代SKYACTIV ボディ&シャーシ Photo by Kenji Momota

 今回「X」プロトタイプを搭載した車両は、「X」と同じく2019年に量産化される「第二世代SKYACTIV ボディ&シャーシ(車体)」。コンセプトは「人間中心の発想」だ。

 その原理を簡単に説明すると、人が歩いている状況をクルマの運転で再現するというもの。つまり、着座した状態でクルマの車体やサスペンションの動きが人の足の役割をする。

 換言すれば、シートに固定された人の骨盤が、“ばね上”と呼ぶクルマのサスペンションより上の動きと同期するのだ。

 理屈は分かるのだが、実走してみると、なんとも不思議な感覚だ。

 一般的な“走りの良いクルマ”は、走行中に「カッチリ」「がっしり」「しっかり」「きびきび」といった表現されるが、このクルマの動きを、あえて表現するなら「まったり」とか「やさしい」という言葉だ。

 ただし、「まったり」は「ゆったり」ではない。「やさしい」は「味が薄い」のではない。

 より具体的に言えば、従来はスポーティで「がっしり」と感じるはずの18インチタイヤが、まるで16インチタイヤのように柔軟に動いているように、骨盤で感じる。

 また、カーブではクルマがグイグイと積極的に曲がろうとはせず、運転の主役はあくまでも運転者であり、運転者自らの意思で曲がって行きたいと思う気持ちと、クルマの動きが「じんわり」と同期している。

 こうしたクルマ本体の動きと「X」の相性が良い。

 朝乗った現行「アクセラ」の「G」と比べると、全域でのトルクの太さがある。ただし、ターボやスーパーチャージャーのような過給器による“ド太いトルク感”や、電気モーターによる人工的なトルク感ではなく、そこにあるのは、これまでに一度も体感したことのない“繊細でやさしいトルク感”がある。

 また、登り坂では3速、4速と上のギアに入れても、クルマ全体をすいすいと引っ張っていく「頼もしさ」がある。

 このクルマには、長きに渡って自動車産業が培ってきた評価指標が通用しない。そんな風に感じた。

 世界初となった、マツダの次世代技術の公道試乗。そこで出合ったのは、なんとも不思議な感覚の中での、新しい時代の幕開けであった。

(ジャーナリスト 桃田健史)