車体の刷新、ホームドアの設置など、わかりやすい進化を続ける鉄道。一方、都営バスの変化に気づく人は少ない。東京都交通局が発表した2016年度の経営レポートによると、都営バスの利用者数は年々増加傾向にあり、営業収益もアップしている。にもかかわらず、長い間代わり映えしないように見えるのはなぜなのか?詳しい事情を日本バス友の会の広報、高田氏(仮名)に聞いた。(清談社/中村未来)

最新車両は1台1億円!
実は進化著しい都営バス

鉄道の進化に比べれば地味で、変わり映えしない印象がある都営バス。しかし細かく見て行けば、バスだって、なかなかの進化をしているのだ

 日本バス友の会とは、バス愛好者たちの集う団体。そこで広報を務める高田氏(仮名)によると、都営バスは年々進化し続けているが、鉄道などに比べると圧倒的に気づかれにくいだけだという。

 では、都営バスはどんな部分で進化しているのだろうか?
 
「特に力を入れているのが、バリアフリー化です。昔は、バスの乗車口には段差があるのが普通でした。しかし、お年寄りや体の不自由な方が乗りやすくなるように、現在は段差のないノンステップバスが主流になっています。民間のバスも当たり前のようにノンステップになっていますが、いち早く取り入れたのは、都営バスです。公営の乗り物ということもあり、バリアフリー化に対する取り組みには力を入れています」(高田氏、以下同)

 運転席の上部にある行き先表示器も近年、フルカラー化が進んでいる。表示器自体も大型になり、より見やすくなった。また、安全性の向上も進められている。中でも、バスの座席の向きが変わったことは大きな変化だった。

「かつてバスの座席は、窓を背にした横並びが一般的でした。内側のスペースが空くので、その分、定員数も多くなります。しかし、横並びの席だと足の踏ん張りが効かず、急ブレーキの際に事故が起きるということで、現在の正面向きの座席に変わったのです」

 同じ理由で、最後列の中央の席もなくなりつつある。真正面に何もないため、万が一のときに車内に放り出される危険性があるからだ。

 バリアフリーや安全性の強化に加えて、環境に配慮した車両のエコ化も、都営バスの強みだ。

「水素で動く燃料電池のバスが試験的に導入されるなど、よりクリーンな燃料を使う試みが積極的になされています。一般的なバス車両は約1500~2000万円ですが、燃料電池バスはおそらく1億円以上。見た目にはわかりませんが、実は最先端の乗り物なんです」