ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「神様の女房」特別編
【第5回】 2011年9月28日
著者・コラム紹介バックナンバー

脚本・ジェームス三木氏インタビュー(前編)
「ドラマとはトラブルなんです。基本は対立。
だから、夫婦の物語に絞りました」

1
nextpage

10月1日、いよいよNHKでドラマがスタートする『神様の女房』。“経営の神様”として知られる松下幸之助の妻、「松下むめの」の生涯を描いた感動の物語『神様の女房 もう一人の創業者・松下むめの物語』のドラマ化だ。松下むめの役には常盤貴子、松下幸之助役に筒井道隆、むめのの父・清太郎役に津川雅彦など、豪華な顔ぶれの「土曜ドラマスペシャル」。3週間、3回にわたって放映される。
このドラマの脚本を手がけたのが、大河ドラマなど大ヒットドラマを数多く手がけたことで知られるジェームス三木さん。ジェームス三木さんは、どのようにして、このドラマ『神様の女房』を作り上げたのか。脚本家として心がけていること、さらにはその技術とは…。2回にわたって、スペシャルインタビューをお届けする(取材・構成/上阪徹、写真/石郷友仁)。

最近のドラマは説明しすぎ。余白があるからいい

――まず、幸之助の夫人、むめのさんについて、どんな印象をお持ちになられましたか。

 実直な方だな、と思いました。最初に原作のゲラをもらって読んだんですが、さすがに長く仕えた執事の方が書かれているだけあって、夫人の人柄がよく出ていますね。それを強く出したくて、伝記ではなく、小説になさったんだと思いました。いろいろフィクションも入っていますからね。

 いくつか資料も読み込みましたが、執事の書かれた小説と、むめの夫人の印象はあまり変わりませんでした。

 ただ、僕にとってやっぱり最大の疑問だったのは、どうしてむめの夫人は、あんな無一文の貧乏人だった松下幸之助さんのところに嫁に行ったのか、ということです。それはやっぱり大きな疑問でした。そして結局、彼女には見る目があった、ということなるわけですね。

――松下幸之助のご夫妻を描く、ということについては、どうですか。

 松下幸之助さんといえば、経営の神様ですから、神様のことを書くわけですね(笑)。当然、日本全国にファンがたくさんいらっしゃるわけで、これは荷が重いな、と思いました。失礼があってはいけないし、どこまで書くのが許されるのかな、と(笑)。

――脚本を書く上で、最初に意識なさったことはどんなことでしたか。

 むめの夫人のことを、とてもよく知っている人が原作をお書きになっているわけですから、内容はその筋に沿ってやらないと、と思いました。私のほうで勝手に作り話はできないな、と。

 ただ、ドラマにするとき、伝記物によくあるのが、説明やナレーションがやたらに入ってしまうことなんです。回想や心の声がたくさん入りがちなんですね。

 今回は、そういうものは一切なくしてしまいたいと思いました。会話だけで物語を進める。よくわからなくてもいいんです。そうすると、見る人が、いろいろな想像ができますからね。

 そもそも最近のテレビは、ドラマでもニュースでも説明し過ぎなんですよ。ワイドショーだって、解説が多すぎる。あんなものはいらないと思います。見る人の想像力を奪ってしまうからです。

 余白があるからこそ、想像ができるんです。わからない部分があってもいいんですよ。実際、僕だって、ほとんど想像して書いているわけですからね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



「神様の女房」特別編

“経営の神様”として知られる松下幸之助の妻、「松下むめの」の生涯を描いた感動の物語『神様の女房 もう一人の創業者・松下むめの物語』が刊行された。10月1日からは、ジェームス三木脚本、常盤貴子主演でNHKのドラマ化も決定した(土曜日夜9時より。総合テレビ・全3回)。
著者の高橋誠之助氏は、幸之助・むめの夫妻の最後の執事として、二人に臨終まで仕えた人物である。松下幸之助には数多くの著作・評伝などが残されているが、夫人については実はほとんど知られていない。五里霧中の商品開発、営業の失敗、資金の不足、苦しんだ人材の採用と教育、関東大震災と昭和恐慌、最愛の息子の死、そして戦争と財閥解体…。幾度も襲った逆境を、陰となり日向となり支え、「夫の夢は私の夢」と幸之助の描いた壮大なスケールの夢を二人三脚で追いかけていったのが、むめのだった。
この連載では、本書プロローグ全文掲載、著者インタビューなどを通して、小説「神様の女房」と小説の主人公「松下むめの」の魅力について、紹介していく。

著者
髙橋誠之助(たかはし・せいのすけ)
1940年京都府生まれ。1963年神戸大学経営学部卒業後、松下電器産業株式会社(現パナソニック)入社。主に広島営業所などで販売の第一線で活躍。入社7年目、29歳のとき突然に本社勤務の内示があり、「私は忙しい。松下家の家長として十分なことができない。それをきみにやってほしいんや。よろしく頼む」と松下幸之助直々の命を受ける。以来、松下家の執事の職務に就き、20年以上にわたり松下家に関する一切の仕事を担う。幸之助とむめのの臨終にも立ち会い、執事としての役目をまっとうする。その後、幸之助の志を広めるために1995年に設立された財団法人松下社会科学振興財団の支配人となる。2005年、財団法人松下社会科学振興財団支配人、定年退職。

「「神様の女房」特別編」

⇒バックナンバー一覧