ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「神様の女房」特別編
【第3回】 2011年9月16日
著者・コラム紹介バックナンバー

小説『神様の女房』著者インタビュー(後編)
幸之助夫婦が見続けた「とてつもない夢」

1
nextpage

“経営の神様”として知られる松下幸之助の妻、「松下むめの」の生涯を描いた感動の物語『神様の女房 もう一人の創業者・松下むめの物語』が刊行された。10月から、ジェームス三木脚本、常盤貴子主演でNHKのドラマ化も決定。すでに大きな話題となっている一冊だ。
著者の高橋誠之助氏は、幸之助・むめの夫妻の最後の執事として、二人に臨終まで仕えた人物である。松下幸之助には数多くの著作・評伝などが残されているが、夫人については実はほとんど知られていない。なぜ今、むめの夫人の物語を書こうと考えたのか。著者に聞く(聞き手:上阪徹。前編はこちら)。

夫妻が一緒に追いかけていたのは、「楽土」の建設

――幸之助さんほどの人が感謝した妻の行動というのは、どういうところに最も出ていたのでしょうか。

 主人に恥をかかせてはいけない、という強烈な意識でしょう。出しゃばらず、引っ込みすぎず、まさに中庸を貫く。その姿勢で外部に接する。私が私が〜、とやると、自分がみっともないだけではない。ご主人にも、みっともないことになる、ということを、むめの夫人は鋭く感じ取っておられたんでしょうね。

 では、それがなぜできたのか。幸之助さんもそうですが、自分の私利私欲のために、生きていたわけではなかったからなんです。これこそが、幸之助さん夫妻の志でした。

 夫妻が一緒に追いかけていたのは、「楽土」の建設だったんです。貧乏をなくし、みんなが豊かになって幸せに暮らせる国を作る。みんなの幸せを考える。自分だけの幸せじゃないんですよ。

 幸之助さんが「楽土」を目指し始めたのは、38歳のときです。以降、楽土をいかに建設するか、が幸之助さんのゴールだったんです。松下電器を大きくしようとしたのも、晩年に私財をなげうって松下政経塾を作ったのも、楽土を作るためでした。

 それ自体、一介の経済人の発想をはるかに超えた、とんでもないスケールの話ですが、それをしっかり受け止めたのが、むめの夫人だったわけです。

――幸之助さんに説得され、そういう境地になったのではなかった、と。

 そうだと思いますね。自分にしっかりした考えがないと、心底から共感はできない。会社をやっているのだから、もっと儲けてきてくれればいい、もっと贅沢させてもらえばいい、もっと早く帰ってこい、という奥さんだったら、描いたゴールに向かって一緒に走ることはできなかったでしょう。

 主人を立てる、という行動も、実は自覚がないとできないんですよ。旦那さんに強要されて、簡単にできるようなものではない。自分の考え方がないと。自覚して、意識して行動しないとできないんです。

――でも、主人を立てる一方で、後ろに下がって黙ってついていくわけではないんですよね。

 それが、むめの夫人のすごいところなんです。従順に後ろからついてくる。そんな頼りない女性なら、幸之助さんも不満だったと思いまず。ここぞというところで、きちっとフォローしてくれないと、7000人の前で「ありがとう」なんて言えない。心からの信頼はできないと思いますね。

 それがどういうものなのか、今回の小説で具体的に書いたわけですが。

「相談役に感謝する会」(大阪・ロイヤルホテル)で女子社員より感謝の花束を受け取るむめの夫人(1978年)
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



「神様の女房」特別編

“経営の神様”として知られる松下幸之助の妻、「松下むめの」の生涯を描いた感動の物語『神様の女房 もう一人の創業者・松下むめの物語』が刊行された。10月1日からは、ジェームス三木脚本、常盤貴子主演でNHKのドラマ化も決定した(土曜日夜9時より。総合テレビ・全3回)。
著者の高橋誠之助氏は、幸之助・むめの夫妻の最後の執事として、二人に臨終まで仕えた人物である。松下幸之助には数多くの著作・評伝などが残されているが、夫人については実はほとんど知られていない。五里霧中の商品開発、営業の失敗、資金の不足、苦しんだ人材の採用と教育、関東大震災と昭和恐慌、最愛の息子の死、そして戦争と財閥解体…。幾度も襲った逆境を、陰となり日向となり支え、「夫の夢は私の夢」と幸之助の描いた壮大なスケールの夢を二人三脚で追いかけていったのが、むめのだった。
この連載では、本書プロローグ全文掲載、著者インタビューなどを通して、小説「神様の女房」と小説の主人公「松下むめの」の魅力について、紹介していく。

著者
髙橋誠之助(たかはし・せいのすけ)
1940年京都府生まれ。1963年神戸大学経営学部卒業後、松下電器産業株式会社(現パナソニック)入社。主に広島営業所などで販売の第一線で活躍。入社7年目、29歳のとき突然に本社勤務の内示があり、「私は忙しい。松下家の家長として十分なことができない。それをきみにやってほしいんや。よろしく頼む」と松下幸之助直々の命を受ける。以来、松下家の執事の職務に就き、20年以上にわたり松下家に関する一切の仕事を担う。幸之助とむめのの臨終にも立ち会い、執事としての役目をまっとうする。その後、幸之助の志を広めるために1995年に設立された財団法人松下社会科学振興財団の支配人となる。2005年、財団法人松下社会科学振興財団支配人、定年退職。

「「神様の女房」特別編」

⇒バックナンバー一覧