ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

【企業特集】大和ハウス工業
高齢者と女性に狙いを集中
賃貸住宅事業の勝算

2011年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

戸建て住宅事業に比べて、あまり目立たない存在ではあるが、大和ハウス工業の賃貸住宅事業は営業利益全体の半分以上を稼ぎ出す主力事業だ。貸家市場が低迷するなかでも、堅調に業績を伸ばしてきた。今後は需要増が見込める高齢者と女性に的を絞り、いっそうの高みを目指すその戦略と課題を分析する。(「週刊ダイヤモンド」編集部 山本猛嗣)

賃貸住宅は2階建ての集合住宅が代表的な商品(写真上)だが、高齢者専用賃貸住宅(写真中)や高層の高級賃貸マンション(写真下)もある。特に、高齢者向けの賃貸住宅は成長分野として期待が大きい

 「素敵なデザインですが、どのくらいの費用がかかるのですか」

 来訪者は営業マンの説明を熱心に聞き、質問を繰り返す。住宅展示場では、おなじみの光景だ。

 ただし、ここは通常の住宅展示場ではなく、都内の2階建て集合住宅の一室。来訪者も家族連れではなく、地主や不動産投資家などが中心だ。

 詳しくは後述するが、大和ハウス工業が女性専用の賃貸住宅としてオープンしたモデルルームなのである。

 賃貸住宅のモデルルームは、住宅業界ではきわめて異例。それだけに、同社にとって賃貸住宅にかける情熱ぶりがわかる。

 住宅メーカーの住宅事業とは、顧客の注文を受けて建設する戸建て住宅と、地主などが家賃収入を得るための賃貸住宅に大別される。

 大和ハウスは日本を代表する戸建て住宅メーカーとして有名だが、賃貸住宅でも大手の一角を占める。シェア16%を超える首位の大東建託には及ばないが、 シェア9.1%で業界2位だ。

 同社の賃貸住宅事業は、全国の貸家市場が低迷するなかで、好調に推移している(右図参照)。2010年度の賃貸住宅の売上高は前年度比10.5%増。営業利益では同21.6%増に伸びている。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧