ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスパーソンが必ず使う英語表現
【第1回】 2011年10月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
勝木龍/福水隆介

たった5秒の自己紹介も通じない!
日本人がやってしまいがちな3つのNGフレーズ

1
nextpage

ビジネスで英語を使う時、これさえ知っていれば大丈夫というポイントを、現役外資系ビジネスマンが伝授!実際に現場で使われている簡単かつスマートな表現を覚えて、「ちゃんと話せる」ビジネスパーソンになっちゃいましょう!

 第1回は、日本人が間違いやすい挨拶・自己紹介の超基本フレーズを紹介します。日本人が使う英語は「文法としては間違っていなくても、外国人にしてみればよくわからない」というものが多く、言いたいことが伝わらないケースも…。実は、英語力の問題だけでなく、日本と世界の文化や社会の違いが原因ということもあります。お互いをよく理解するために、ちょっとしたコミュニケーションマナーや文化観を押さえておくだけで、「伝わる英語」に様変わりします。

「私はサラリーマンです」では外国人に相手にされない?!

I am a salary man.

 ごく普通の英文に感じますよね。初めて会って自己紹介をした時に、何の仕事をしているんですか?なんて聞かれたらこう答えてしまいます。でも、日本人がよくやってしまう間違いがこれなのです。

×「I am a salary man=私は給料男だ。」

 実はサラリーマンは和製英語で、英語にはサラリーマンという単語は存在しません。他にもこんな間違いがあります。

×「I am a company worker.=私は会社員です。」
×「I am an office worker.=私は事務員です。」

 英語としては間違っていませんが、会社員や事務員という職種は海外ではあまり存在しません。英語で自分の仕事を紹介する際、具体性が非常に重視されます。つまり、「私はマーケティングをやっています」「私は営業をやっています」など具体的な部署を答える必要があるんですね。

○「I am a marketer.=私はマーケターです。」
○「I work in sales.=私は営業をしています。」
○「I am self-employed.=私は自営業です。」

 日本の会社員はどうしても営業、マーケティング、経理など総合的に幅広く仕事を任されるケースが多いので、「仕事は何ですか?」の問いに「会社員です」と答えてしまいます。一方、海外では様々な業務を任されるというより、専門性を重視した雇用がされていますので、「私は経理だ」「私はアナリストだ」という表現になります。

 つまり私達日本人は、自己紹介で自分の専門性を相手に伝えることが大事になるのです。したがって、「営業といっても、全体仕事の30%くらいなんだよなあ」という場合でも、自信をもって「私は営業をやっています」と言った方がよいのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


勝木龍

京都大学経済学博士。米国公認証券アナリスト(CFA)。NHK「ニュースで英会話」のコンテンツ制作メンバーを歴任。アルクやNHKの携帯サイト等に英語関係のコンテンツ提供も行っている。『魔法の口ぐせ英語CD BOOK』(明日香出版社)など著書多数。

 

福水隆介

米国ニューヨーク州立大学藝術学部卒。NHKの英会話番組の原稿作成、同時通訳など幅広く活躍する。著書は『ビジネス英語類語使い分け辞典』(すばる舎)など。


ビジネスパーソンが必ず使う英語表現

ビジネスで英語を使う時、これさえ知っていれば大丈夫というポイントを、現役外資系ビジネスマンが伝授!実際に現場で使われている簡単かつスマートな表現を覚えて、「ちゃんと話せる」ビジネスパーソンになっちゃいましょう!

「ビジネスパーソンが必ず使う英語表現」

⇒バックナンバー一覧