HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

主食をやめると健康になる

ご飯・パンの糖質が現代病の元凶だった!

江部康二 [医師・財団法人高雄病院理事長]
【第1回】

【図1】は、2型糖尿病女性の血糖値を示したものです。早朝の空腹時血糖値は88㎎/dlですが、通常の糖尿病食で食パン2枚を食べた2時間後には321に跳ね上がっており、233も上昇しています。

 血糖値の正常値は、空腹時で110未満、食後2時間で140未満なので、この女性の食後血糖値が急激に上昇していることがわかります。このような人は、普通の健康診断では空腹時血糖値だけを検査して正常と見なされてしまいますから、注意が必要です。一方、糖質制限食ならまったくスパイクなしです。

通常の糖尿病食では、早朝の空腹時血糖値88mgから朝食後2時間で321mgへと急上昇している。一方、糖質制限食ではほとんど上昇はみられない。

 また、正常人でも、白米や白いパンなど精製された炭水化物を1人前食べると、食後血糖値は60〜70も上昇することがあります。私はこれを「ブドウ糖ミニスパイク」と名づけました。糖尿病患者におけるブドウ糖スパイクほど大きな変動はないものの、人体に少なからず害を与えている可能性が高いからです。むしろ私は、このミニスパイクこそが、肥満やメタボ、そして生活習慣病の元凶と考えています

 例えば、正常人が精製炭水化物を食べた場合と、未精製の炭水化物を食べた場合を比べると、血糖値の上がり方は明らかに違います。また、脂質・タンパク質を摂っても血糖値は上がりません。

【図2】は、正常人の女子大生が白米1人前を食べたときの血糖値と、焼き肉1人前を食べたときの血糖値を比べたものです。白米のときは、空腹時100㎎から食後1時間で165まで上昇してミニスパイクを起こしていますが、焼き肉のときはまったくスパイクなしです。

白米では空腹時100mgから食後1時間で165mgまで血糖値が急上昇してミニスパイクが起きているが、焼き肉ではまったく起きていない。

ここで重要なのは、1日に何回も糖質を摂ると、そのたびにミニスパイクが起きるということですそして、ミニスパイクのたびにインスリンが大量に追加分泌されて、代謝が乱れます。基礎分泌の数倍から30倍ものインスリンが追加分泌されますから、人体にとっては救急車の出動に等しい緊急事態といえるでしょう。血糖値が180を超えるとリアルタイムで血管内皮が傷つけられるので、すい臓のβ細胞はこの緊急事態を何とかおさめようと一生懸命にインスリンを分泌するわけです。

1 2 3 4 5 >>
このページの上へ

江部康二 [医師・財団法人高雄病院理事長]

1950年生まれ。京都大学医学部卒業。京都大学胸部疾患研究所などを経て、1978年より医局長として高雄病院に勤務。2000年理事長に就任。
高雄病院での臨床活動の中から、肥満・メタボリックシンドローム・糖尿病克服などに画期的な効果がある「糖質制限食」の体系を確立。自身も実践し、肥満と糖尿病を克服。現在でも、豊富な症例をもとに糖質制限食の研究を続けており、肥満や糖尿病以外の幅広い疾患・生活習慣病についても高い予防・改善効果を証明している。
著書に『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』『主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編』(東洋経済新報社)など多数。DVD「糖質制限食を語る」(やせる食べ方ドットコム)も発売。
ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」を発信中。


主食をやめると健康になる

私たちが毎日当たり前のように食べている米飯やパン。実はこれらの「主食」を控えれば、肥満や糖尿病などさまざまな生活習慣病が予防・改善できます。江部康二医師が理事長をつとめる京都・高雄病院における10年以上の経験をもとに、画期的な食事療法「糖質制限食」の効果と実践法を3回にわたってご紹介します。

「主食をやめると健康になる」

⇒バックナンバー一覧