ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

ホンダ「フィットEV」の保守性、「テスラ」「フィスカー」の不在、そしてシボレー「ボルト」火災報道の真相――米LAオートショー発、誰も書かない最新EV裏事情

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第93回】 2011年11月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「RAV4 EV」「テスラ」
「フィスカー」がいないワケは?

2011年LAオートショー。「フィットEV」量産型を発表する、アメリカンホンダ執行副社長、ジョン・メンデル氏。Photo by Kenji Momota

 2011年11月16日、米カリフォルニア州LAオートショー(ロサンゼルス・コンベンションセンター/一般公開11月18~27日)の報道陣向け公開日。その模様は日系のテレビ、新聞、ウエブなどを通じて日本時間17日に報道された。それらの内容は概ね、『ホンダの電気自動車フィットEVの量産車が初登場。これを契機に、アメリカでのエコカー普及が進む』という軽いタッチだった。

 だが、筆者が同ショーの現場で詳しく取材してみると、アメリカの電気自動車市場での変動を強く感じた。

 最も強く印象に残ったのは、トヨタ・テスラだ。本連載第62回「電気自動車で先を行く日産を追う・トヨタとホンダの歯切れが悪い裏事情」で紹介したように、1年前の同ショーは、トヨタと米電気自動車ベンチャー「テスラ」が共同開発の「RAV4 EV」の記者会見で大いに盛り上がった。だが今年の同会場には、「テスラ」のブースはなく、トヨタのブース内にも「RAV4 EV」の姿はなかった。日米のメディアの多くから「あれだけブチ上げたのに、どうして今年は展示がないのか?」という声が聞かれた。

 筆者は今年5月、同車初期開発モデル/フェイズゼロをトヨタモーターセールス(米国トヨタ/LA近郊のトーランス市)を基点に、その周辺一般路で試乗した。加速感、ブレーキ性能、さらに電気自動車特有のインバータ音の少なさなど、ベンチャー企業の技術にトヨタ品質が加わったことによる、商品としての「ある一定レベル以上の安心」を感じた。

 だが、本連載で再三指摘しているように、この事例はトヨタの次世代車ロードマップのなかに「降って湧いたような存在」だ。トヨタにとってテスラとの連携は、GM破綻により課題となったGM・トヨタ合弁工場(旧NUMMI、北カリフォルニアのフリーモント市)の売却問題の解決策が最終的なフックであり、さらには「トヨタの北米内の企業イメージ向上を含めての、テスラというブランドの先物買い」という側面が強い。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧