ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
自分のアタマで考えよう
【最終回】 2011年11月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
ちきりん

世界の大事件!
NHK、BBC、CNNはこんなに違ってた

1
nextpage

第2回で、しばしば「知識が思考の邪魔をする」ということを説明しました。しかし、だからといって知識が役に立たないわけでも、知識を得るための努力が無駄なわけでもありません。知識は思考のために利用すべきだし、大いに役にも立ちます。最終回では、知識と思考のあるべき関係を簡単に紹介します。

9・11が浮き彫りにした日米英のメディアの違い

 ちきりんが考える「知識」と「思考」の最適な関係は、「知識を思考の棚に整理する」というものです。思考の棚の中に知識を整理して入れ込むことにより、個別の知識が意味をもってつながり、全体として異なる意味が見えてくることがあります。そういった「統合された知識から出てくる新たな意味」が、「洞察」と呼ばれるものとなります。

 ここでいう「思考を格納する棚」とはどんなものなのか、例を見てみましょう。

   2001年9月11日、アメリカでいわゆる「9・11テロ」が起こったとき、私は帰宅直後につけたテレビのニュースで事件を知り、そのあとは朝まで固唾を飲んでテレビ画面を凝視していました。

 当時は年に何度も米国に出張する仕事についていたので、米国の国内線飛行機にひとりで搭乗することもしばしばありました。よく見慣れたアメリカン航空やユナイテッド航空の機体が摩天楼のビルに突撃する映像は、ショックを通り越してにわかには信じがたいものでした。

 自宅ではBBCやCNNなど海外ニュースも視聴できる環境だったので、NHKに加えこれらのニュースチャンネルを頻繁に切り替えながら報道を見ていたのですが、日付が変わって2時間ほどたったころ、NHK、BBC、そしてCNNの3局の報道スタイルが大きく異なっていることに気がつきました。

 その違いは時間がたつごとに際だち、朝の3時、4時になると同じ事件を報道しているとは思えないくらい3つの番組の構成は異なってきたのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ちきりん

関西出身。バブル期に証券会社に就職。その後、米国での大学院留学、外資系企業勤務を経て2011年から文筆活動に専念。 2005年開設の社会派ブログ「Chikirinの日記」は、日本有数のアクセスと読者数を誇る。 シリーズ累計23万部のベストセラー『自分のアタマで考えよう』『マーケット感覚を身につけよう』(ダイヤモンド社)、『「自分メディア」はこう作る! 』(文藝春秋)など著書多数。

 


自分のアタマで考えよう

月間100万PVを誇る人気ブログ「Chikirinの日記」の筆者の、初めて書き下ろしとなる『自分のアタマで考えよう』。その読みどころを全5回(予定)の連載で紹介します。 同書で紹介されるのは、ユニークな記事を生み出す「ちきりん流」の思考のルールです。プロ野球の将来性、結論が出ない会議の秘密、就活で失敗しない方法、自殺の最大の原因、電気代の減らし方など、さまざまな社会問題や日常の疑問を題材に自分のアタマで考える力を身につけていきます。出口治明氏(ライフネット生命保険社長)、安宅和人氏(『イシューからはじめよ』著者)など、第一線の経営者・ビジネスマン・コンサルタントも絶賛する思考のワザの一端を味わってください。

「自分のアタマで考えよう」

⇒バックナンバー一覧