ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就活前に知っておきたかった「内定の常識」
【第2回】 2011年11月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
田口久人 [ヤングキャリアコンサルタント]

OB・OG訪問に出かける前には
この2つの質問を投げかけよう!

1
nextpage

いよいよ12月から本格的な就職活動が始まります。
連載2回目は、OB・OG訪問に出かける前に、親がかけてあげるべき「言葉がけ」をご紹介します。社会人の先輩であるご両親が教えてあげられることは意外に多く、それは簡単な質問であるほど効果的なのです。
※本連載は、『内定の常識~就職活動前に知っておきたかった52のこと』の内容を親が実践しやすいように「就活力を上げる言葉がけ」にアレンジし紹介しています。

簡単な質問ほど、子どもは伸びる!

 先週から始まったこの連載ですが、今回は、OB・OG訪問に出かける前に聞いていただきたい質問をピックアップしました。今回も前回と同じく、目からウロコの必勝法を紹介する内容ではないかもしれません。でも、簡単な質問だからこそ、お子さん自身で考えるきっかけを与えられることを、あらかじめ申し上げておきます。

 前回も少し書きましたが、約10年間、就職活動生と接してきた私が確信をもって言えるのは、年々、「当たり前のこと」すらできない学生が増えてきている事実です。これらの内容はすでに社会人歴○十年のご両親にとっては、特に新鮮味がないかもしれません。けれど、だまされたと思って、ぜひ一度お子さんに聞いてみて欲しいのです。

 さて、仕事で初対面の人を訪問する際、社会人にとっては「相手について調べること」は当然です。けれど、学生の場合、OB・OG訪問の際に何も調べないで訪問する人たちが毎年必ずいます。

OGからの「甘えている」発言!

 私の知人の学生Sさんはその一人でした。何も調べないままOG訪問に行き、「わからないのが当然」と思っていたため、OGに何でも聞いてしまったのです。しかも、それは、企業のホームページを見れば分かるようなことばかり。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


田口久人 [ヤングキャリアコンサルタント]

新卒専門のキャリアコンサルタント。東京都出身。慶応義塾大学を卒業後、広告代理店を経て「ヤングキャリア・コンサルタント」として独立。
人気ブログランキングでは就職活動部門1位を獲得。
米国NLP(TM)協会認定マスタープラクティショナー、JIPCC認定キャリア・コンサルタント、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー。

http://www.geocities.jp/shukatunosusume/

 


就活前に知っておきたかった「内定の常識」

いよいよ12月から本格的な就職活動が始まります。今は、子どもの就職活動に両親が首を突っ込む時代。「親が関与することではない」といった批判もありますが、実は、内定が出る子の共通点は、家族で育めるような「当たり前のこと」なのです。本連載では、親が使える「就活力を上げる言葉がけ」を5回に渡りご紹介します。これをきっかけに、親子で就職活動について話し合う機会が生まれると幸いです。

「就活前に知っておきたかった「内定の常識」」

⇒バックナンバー一覧