ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就活前に知っておきたかった「内定の常識」
【第3回】 2011年12月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
田口久人 [ヤングキャリアコンサルタント]

電話やメールで名乗らない人もいる?!
「ケータイ世代」にありがちな就活の落とし穴とは?

1
nextpage

12月になり、本格的に就職活動が始まりました。
連載3回目は、就職活動前に知っておきたい、電話やメールのマナーをご紹介します。携帯電話と一緒に中学や高校を過ごしてきた今の就職活動生。気づかないうちに、マナー違反していることもあるので要注意!
家の電話しかない環境で育ったご両親との違いを楽しみながら、家族で電話やメールのマナーについて話せるといいですね。
※本連載は、『内定の常識~就職活動前に知っておきたかった52のこと』の内容を親が実践しやすいように「就活力を上げる言葉がけ」にアレンジし紹介しています。

用件から話し始める学生たち

 「資料の送付の件で電話したのですが......」

 企業に電話で問い合わせる際、用件から話し始める学生がいると、ある採用担当者から聴きました。

 昔、電話が自宅にしかなかった時代は、子どもの電話の受け答えを親が耳にする機会がありました。

 30代の私の友人も、中学生時代に「お母さんは留守です」と答えたら、それを母親に聴かれ、後で「もう中学生なんだから、『母は留守です』と答えなさい」と注意されたそうです。

 今の就職活動生のほとんどが、携帯電話が普及してから育ってきた世代、つまり「ケータイ世代」だと思います。この世代は、家庭で学べなかったためか、電話の基本的なマナーを知らないのかもしれません。

 冒頭の例で名乗らなかった学生は、本来であれば、
「D大学の〇〇と申します。本日は資料の送付の件でお電話いたしました」
と、言うべきでした。社会人にとっては「当たり前」のことですね。

 たとえば、街中を歩いているときに突然知らない人から話しかけられたらビックリすると思います。

 電話も同じで、名乗らないと相手が警戒します。マナーというのは、難しいことではなく、相手の立場に立って想像し行動することと一緒なのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


田口久人 [ヤングキャリアコンサルタント]

新卒専門のキャリアコンサルタント。東京都出身。慶応義塾大学を卒業後、広告代理店を経て「ヤングキャリア・コンサルタント」として独立。
人気ブログランキングでは就職活動部門1位を獲得。
米国NLP(TM)協会認定マスタープラクティショナー、JIPCC認定キャリア・コンサルタント、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー。

http://www.geocities.jp/shukatunosusume/

 


就活前に知っておきたかった「内定の常識」

いよいよ12月から本格的な就職活動が始まります。今は、子どもの就職活動に両親が首を突っ込む時代。「親が関与することではない」といった批判もありますが、実は、内定が出る子の共通点は、家族で育めるような「当たり前のこと」なのです。本連載では、親が使える「就活力を上げる言葉がけ」を5回に渡りご紹介します。これをきっかけに、親子で就職活動について話し合う機会が生まれると幸いです。

「就活前に知っておきたかった「内定の常識」」

⇒バックナンバー一覧