経営 × 人事評価

部下の振り返りに上司が関与
「経験学習」で人が成長する理由

間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]
2017年11月22日
1
nextpage

人は自らの経験から最も多くのことを学び、成長する。この「経験学習」の考え方は、昨今、とくに人事部門の関係者には、広く浸透している。また、それをベースに人材育成の施策を構築する企業も増えている。ここでは、経験学習の基礎を解説してみたい。

同じような仕事経験をしても
その経験から学んで成長する者とそうではない者がいる

 「若手が思うように育たない」「素直だが言われたことしかしない」「もっと頑張れるはずだが、欲がない」……。

 若手社員の育成を担当するマネジャーや先輩層のなかには、おそらくさまざまな若手観があるはずだ。上記のように不満を抱えたり、困難を感じる向きもあるだろう。なかには、前触れもなく若手に辞められてしまった、などという経験をした方もいるかもしれない。

 40代50代の方なら、自分が育ってきた道筋を振り返り、育成環境や若手のマインドが様変わりしてしまったことに気づいているはずだ。

 たとえば、「四の五の言わず仕事をしろ!」とか「いいからやれ!」は通用しなくなった。多くの若手は、仕事の説明を求めるし、上から目線は嫌われる。

 では、どのように若手に接し、成長を促せばいいのだろうか。

 もし、これといって育成のメソッドをご存じないのであれば、ぜひ「経験学習」の考え方を理解してほしい。

 社会人の学びに関して「70:20:10」という数値がある。

 成人の学びの70%は自分の仕事経験から、20%は他者の観察やアドバイスから、10%は本を読んだり、研修を受けたりすることから得ている、ということを示している。まず、このことを念頭に置いてほしい。

人の成長を決める「経験」


 
 成長の70%を占めるほど影響力のある「経験」を、どのように積ませるか。まずは、これが育成の課題となる。

 というのは、同じような仕事経験をしても、その経験から学んで成長する者と、そうではない者がいるからだ。

 やりかたによって成長に差がつく。そこにマネジャーや先輩層が関与する余地がある。

<業務→経験→内省→新しい状況への適用>
という経験学習サイクル

 『経験学習入門』(小社刊)を著した松尾睦・北海道大学大学院経営学研究科教授は、経験学習によって成長するための条件を次のように説明する。

 「経験学習モデルによると、人は①“具体的な経験”をした後、②その内容を“内省し(振り返り」”」、③そこから“経験”を引き出して、④その経験を“新しい状況に適用する”ことで、学んでいるのです」(前掲書より)

経験学習サイクル

 業務を通して一通りの経験をしても、やりっ放しでは自分の力にはなりにくい。必ず振り返ること。仮に失敗をしたとしたら、なぜ失敗をしたのか、どうすればそれを防げたのか、と考える。それによって、次の仕事でそうならないための手立てを工夫することができる。わかりやすく言うと、そういうことだ。

 ここでマネジャーや先輩のサポートが生きる。

 ひとりで、自分なりの振り返りをすることは大事だが、そこでマネジャーや先輩が対話の相手になり、「どこが良かったと思う?」「やり方を改善するとすれば、どう変える?」というような問いかけをすることによって、振り返りの質は高まっていく。

1
nextpage

「経営と人事評価」について知る

  • 中小企業の事業承継を成功に導く 人事評価制度を活用した“組織承継”という考え方
  • 部下の振り返りに上司が関与 「経験学習」で人が成長する理由
  • 人事評価制度を導入し、業績がアップし離職率も劇的に低下 コプロ・ホールディングス
  • ヤフーはなぜ6000人の社員を巻き込む「1on1ミーティング」を続けるのか?
  • プロ野球球団や従業員10名以下の企業が「人事評価制度」を導入したら、どうなったか?
  • 「人事評価システム」が中小企業の人材を育成する 株式会社あしたのチーム 代表取締役社長 高橋恭介氏
  • 日本企業の人事制度 問題点はどこにあるのか? 学習院大学経済学部 守島 基博教授
  • 「人事評価システム」の導入で人手不足の解消が解決できる理由 株式会社あしたのチーム 代表取締役社長 高橋 恭介氏

企業における人事評価を考える

人事評価について学ぶ

間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

1961年、東京都生まれ。1986年 、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業、ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属され、以後、記者として流通、家電、化学・医薬品、運輸サービスなどの各業界を担当。2000年 週刊ダイヤモンド副編集長。2006年 人材開発編集部副部長。著書に『だから若手が辞めていく』(ダイヤモンド社刊)

 


人事評価を考える

「人事評価」はどうあるべきか? 社員のためになる「人事評価」とは?企業の利益向上につながる「人事評価」とは? 成果主義だけに捉われない、社員と会社の目標を設定する方法や上司と部下のコミュニケーションの在り方、日本や欧米の人事評価の最新潮流も紹介します。

「人事評価を考える」

⇒バックナンバー一覧