ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系トップの英語力
【第5回】 2011年12月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
上阪 徹 [ライター],ISSコンサルティング [編者]

第5回
外資流グローバルコミュニケーション術
モチベーションをあげ、人を動かす方法

1
nextpage

第5回目は英語を使ってコミュニケーションするときの極意について、外資系トップの言葉を紹介する。グローバルのコミュニケーションは日本とはまったく違うと体験を語って頂いたのは、日本クラフトフーズの井上ゆかり氏である。

 英語は、スキルよりもウィル。うまくしゃべれるか、よりも、何をしゃべるか。そんなメッセージが取材で次々に発せられることになった『外資系トップの英語力』。

 では実際に、どのようにしてトップたちは英語を使っているのか。英語力から一歩踏み込んだ、グローバルコミュニケーションについて問うてみると、これが単純なものではないとわかった。
  ただ、英語ができるというだけでは、グローバルなビジネスや外国人のマネジメントはできない。モチベーションアップや、人を動かすことはできない、というのである。

 それを実際にアメリカで体験することになった、と語るのが、日本クラフトフーズの井上ゆかり氏だ。経営トップを務めていた『クロレッツ』『リカルデント』『ストライド』などガムやキャンディを展開するキャドバリー・ジャパンが、世界最大規模の食品・飲料メーカー、クラフトフーズの一員となり、現在は日本クラフトフーズの経営トップを務めている。外資の世界でも稀少な女性経営者だ。

日本クラフトフーズ株式会社 代表取締役社長 井上ゆかり氏

 1985年に大学を卒業、P&Gに入社。日本の文化で育ち、日本の教育を受けた日本人を採用するプログラムの二期生として、マーケティング部門で採用された。

 「私は男女雇用機会均等法施行の一年前に大学を出ているんです。金融のゼミで学んで、国内銀行に行こうとしていた私に、外資に行きなさいとアドバイスをくださったのは、お世話になった教授でした。日本の会社の下積みは長い、君の性格からすればそれは我慢ならない、外資なら性別も関係がない、と」

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


上阪 徹 [ライター]

1966年、兵庫県生まれ。89年早稲田大学商学部卒。アパレル メーカーのワールド、リクルート・グループなどを経て、95 年よりフリー。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに、 雑誌や書籍などで幅広く執筆やインタビューを手がけている。インタビュー集に累計40万部を超えるベストセラーとなった『プロ論。』(B-ing編集部編/徳間書店)シリーズ、『外資系トップの仕事力』(ISSコンサルティング編/ダイヤモンド社)シリーズ、『我らクレイジー★エンジニア主義』(Tech総研編/講談社)、著書に『新しい成功のかたち 楽天物語』(講談社)、『600万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス』(角川SSC新書)、『「カタリバ」という授業』(英治出版)、『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)、『預けたお金が問題だった。』(ダイヤモンド社)、『文章は「書く前」に8割決まる』(サンマーク出版)などがある。

ISSコンサルティング [編者]

「外資系転職のISS」として15年以上にわたり築き上げてきた外資系企業との信頼と実績をもとに、ミッドキャリアからエグゼクティブのプロフェッショナル紹介に特化した人材ビジネスを行っている。外資系企業の消費財、IT、金融、コンサルティング、メディカル、製造業等、広い業界をカバーし、紹介職種も、経営幹部、財務・経理、マーケティング、広報、営業、物流・購買、IT技術者、またはMBA・CPA取得者や海外でキャリアを積んだスペシャリストに至るまで、幅広い人材の紹介を行っている。


外資系トップの英語力

世界で認められた外資系トップは、どうやって英語をものにし、グローバルな仕事を行っているのだろうか。その秘訣を10人の外資系企業トップに取材した。経営のプロフェッショナルが語るグローバルコミュニケーション。

「外資系トップの英語力」

⇒バックナンバー一覧