ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
人前で話すのがラクになる! 5つの魔法
【第4回】 2011年12月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
金光サリィ

成功しているイメージを脳に上書きする!
【イメージの魔法】

1
nextpage

あがり症というマイナスな記憶であなたの心が満たされているなら、その記憶をプラスな、いい記憶に書き換える必要がある。人が短期間に劇的に変わるための「架空の成功イメージで記憶を上書きする魔法」を紹介する。

マイナスな記憶はプラスな情報で上書きする

  心の中がもし「辛さ」でいっぱいなら、「新しい情報」や「いい情報」を得て、それらで記憶を上書きしない限り、ずーっと「辛さ」が続く。

  そんなときに入ってくる情報は前述した通り、構成要素の割合から「辛さ」を後押しするものが多くなる。

  そして、その感情のままに従っていては、そこからの発信も、当然辛いものになる。辛そうな態度、言葉、行動などだ。

  でも、この一見抜けられそうにない負のスパイラルの中でも、「発信」を意識的にプラスにすることで、記憶をプラスなものに上書きすることができる。

発信を変え、情報を変え、記憶を上書きする

  私がトマトを好きになったのもこの「発信」を変えたからだ。ず~っと嫌いで避けていたのだが、19歳のとき、好きになるきっかけが訪れた。

 「サリィはトマトが大好きだ」と、ある人に真逆の勘違いをされたからだ。

  食事に行くたびに、その人は嬉しそうに「はい、どうぞ!」と私のお皿にトマトを分けてくれる。

 「いや、トマト嫌いなんだよね~」と初めはやんわり言ったのだが、また、次に会ったときにも同じように、「はい、どうぞ! サリィはトマトが好きなんだよね!」と嬉しそうにトマトをくれるのだ。

  その姿を見ていると、本当のことを言うのが悪いなと思えて、しぶしぶ食べるようになった。

  そして相手の期待に応えて、「おいしい」と言ってみた。「おいしい」と言ってはみるものの、ぜんぜんそんなふうには感じられない。

  それでも、相手の期待に応えて、笑顔で「おいしい」を何度か続けているうちに、いつしか本当にトマトが大好きになっていた。

  これが「発信」を変え、耳から入ってくる「情報」を変え、「記憶」を上書きして苦手意識を克服する方法なのである。

  とはいえ、場合よっては、徐々に新しい記憶で上書きしていくことが難しいこともあるかもしれない。

  そういうときには、「架空の成功イメージで記憶を上書きする魔法」を使えばOKだ。その方法を次に紹介する。

金光サリィ (かねみつ・さりぃ) ヴィゴラスマインド代表 メンタルコミュニケーショントレーナー 1977年福岡生まれ。広島育ち。東京在住。極度のあがり症に長年苦しむが、脳科学・心理学を中心に学び、それらをもとに考えた手法で、わずか10日間で克服する。 「人は短期間で劇的に変化できる」という実体験に基づき、全国規模の国家資格予備校のメンタルコミュニケーショントレーナーとして、1万人以上の受験生の 相談役を8年間務める。同予備校の経営者としても活躍。心理学を応用したマーケティングを推進し、代表取締役に就任して直ぐ、売上前年比350%アップを果たし、業界No.1の予備校とする。2010年、ヴィゴラスマインドを立ち上げ、脳科学・心理学などを用いた、業績アップに関するビジネスサポート、あがり症克服などに関するプライベートサポートを提供している。ヴィゴラスマインド http://vigomind.com/

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
王道経営

王道経営

新 将命 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,600円+税

<内容紹介>
ジョンソン&ジョンソンはじめ名門外資系トップを歴任した著者が、その40年以上にわたる経験から得た「王道経営」の理念と実践を語りつくす集大成。どんな名門企業も王道を外れては存続しえない。起業したばかりのベンチャーのトップから大企業の経営者まで、すべての経営者が読むべきバイブル!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、3/12~3/18)




人前で話すのがラクになる! 5つの魔法

あることがきっかけで10年以上にわたり人前で話すことに苦手意識をもち、あがり症に悩まされ続けてきた著者が、脳科学・心理学を応用した自己改善トレーニングを自ら考案、実行したところ、わずか10日であがり症が克服できてしまった。緊張せずに、人前で話すことがラクにできるようになるための方法を、5回にわたり紹介します。

「人前で話すのがラクになる! 5つの魔法」

⇒バックナンバー一覧