ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
人前で話すのがラクになる! 5つの魔法
【最終回】 2011年12月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
金光サリィ

大丈夫!あなたは必ず人前で楽しくスピーチできる!

1
nextpage

本番を前提にしないトレーニングでは身が入らない。まずは、1日も早く本番の日を決めよう。そして、本番で大成功した暁には、全身で成功の喜びをかみしめ記憶しよう。これが、人前で話すのがラクになるための最後のトレーニングである。ヴィゴラ~ス!

おそくとも本番前日までにはイメージリハーサルする

  人前でスピーチや自己紹介をする機会ができたら、「おめでとう!」

  その日まで指折り数え、ワクワクとトレーニングをしよう。

  本番の大成功を機に、人前で話すことが心から楽しくなり、あなたの人生は今まで以上に明るくなるはずだ。

  日頃のトレーニングに加えて、おそくとも本番の前日(もしくは前々日)には、イメージリハーサルをしよう。

  ワンシートにまとめた原稿を用意したら、自分が人前で話しているところを想像しよう。異性との楽しいデートを妄想するように、本番のことを想像してみるのだ。

 胸を張って笑顔で堂々とみんなの前に出よう。

  拍手を一身に浴びて、「改めまして、みなさんこんにちは」とあいさつ。
  自己紹介のところまでは、ぜひ声に出して言ってみるのがいいだろう。

  そして舞台監督になったつもりで、人前に出た自分に対して何かアドバイスをしてもいい。

 「もうちょっと声を張っていきますかー」
 「もうちょっとゆっくりお辞儀をしたほうが、かっこいいかも!」
など。

  その後は、声を出しても出さなくてもいいが、原稿をもとに、当日話したい言葉で楽しくしゃべってみよう。細かい言い回しは気にしなくていい。
  チェックすべきは、しゃべり言葉やテンションだ。

  いつも話していない言葉をいきなり人前で話そうとするのは、日本語しかしゃべれないのに英語でスピーチをしようとするようなもの。日頃の言葉をステージ言葉に合わせておくとスムーズに言葉が出てくる。

  イメージリハーサルは終始気持ちよく、みんなが笑顔で楽しんでくれているところを想像しながらできればOKだ。

  うまくいかないところがあれば、何度でもイメージの中でやり直せる。自分の納得がいくまでやってみよう。

  イメージリハーサルをすると、自分が変わり、他人の対応が変わることにつながる。

  面接や初めての商談などで、第一印象をよくしたいときには、ぜひこのイメージリハーサルをお勧めする。

金光サリィ (かねみつ・さりぃ) ヴィゴラスマインド代表 メンタルコミュニケーショントレーナー 1977年福岡生まれ。広島育ち。東京在住 極度のあがり症に長年苦しむが、脳科学・心理学を中心に学び、それらをもとに考えた手法で、わずか10日間で克服する。 「人は短期間で劇的に変化できる」という実体験に基づき、全国規模の国家資格予備校のメンタルコミュニケーショントレーナーとして、1万人以上の受験生の 相談役を8年間務める。同予備校の経営者としても活躍。心理学を応用したマーケティングを推進し、代表取締役に就任して直ぐ、売上前年比350%アップを 果たし、業界No.1の予備校とする。  2010年、ヴィゴラスマインドを立ち上げ、脳科学・心理学などを用いた、業績アップに関するビジネスサポート、あがり症克服などに関するプライベート サポートを提供している。ヴィゴラスマインド http://vigomind.com/

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



人前で話すのがラクになる! 5つの魔法

あることがきっかけで10年以上にわたり人前で話すことに苦手意識をもち、あがり症に悩まされ続けてきた著者が、脳科学・心理学を応用した自己改善トレーニングを自ら考案、実行したところ、わずか10日であがり症が克服できてしまった。緊張せずに、人前で話すことがラクにできるようになるための方法を、5回にわたり紹介します。

「人前で話すのがラクになる! 5つの魔法」

⇒バックナンバー一覧