ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

ポスト・ランダムウォークの投資理論

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第71回】 2009年3月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 株式投資に本格的に取り組みたいという人に推薦図書を問われたら、第一候補はバートン・マルキール著『ウォール街のランダム・ウォーカー』(井出正介訳、日本経済新聞社)だ。

 原著の第4版を読んだ20年以上前からそう思う。俗説から理論まで含めた投資の考え方をていねいに追った好著で、ついでに、米国の株式市場の歴史もわかる。翻訳が何度か出ているが、最新版は原著の第9版を訳したものだ(2007年5月刊)。投資に関する考えを深める素材としてベストの1冊だ。

 この本は、当初から一貫して、株式投資において市場平均に勝つことの難しさを説いてきた。これまで、テクニカル分析もダメ、ファンダメンタルズ分析もおおむねダメ、アノマリー(市場の例外的規則性)を利用した投資も長期間にわたって同じ戦略が有効ではないと切り捨ててきた。

 これらに加えて、第9版では行動ファイナンスについて一章を割いて紹介し、検討していることが大きな特徴だ。

 正確を期するためには本を直接読んでほしいが、マルキール氏の立場は筆者が読むに、(1)行動ファイナンスは投資家に有用な教訓を与えるが、(2)全体としてかつ長期的に市場は効率的で、(3)市場平均に勝つ運用を行なうことは難しいというものだ。筆者は(1)と(3)にはほぼ賛成するが、(2)については、別の考え方のほうが生産的ではないかと思っている。

 マルキール氏は、アノマリーや行動ファイナンスを利用した戦略が、あるとき有効であっても、それが明らかになると、市場参加者による裁定が働き(たとえば模倣が発生して)、その戦略が有効でなくなると主張していくつかの例を挙げる。確かに、投資の戦略は、その有効性がデータで確認されればされるほど、将来の有効性が脆弱になる厄介な性質がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧