しかし、BS問題が収束した今、「金融機関の処分よりも育成を優先する時代」(麻生大臣)ということで、「金融処分庁」を象徴する存在でもあった検査局の廃止につながったというわけだ。

 ただ、銀行側には「そのうち処分庁への揺り戻しが起こる」(第二地銀幹部)という不信感も強い。

 また、銀行業界は“突然死”を招くBS問題こそ乗り切ったものの、銀行を“衰弱死”に追いやるPL問題という新たな苦悩を抱えている。

 そして、金融庁は「BSがきれいでも稼げない」という地銀の中でも、深刻度が高い地銀に対して、立ち入り検査を始めた。

 不良債権をあぶり出す金融庁の任務にはいったん幕が下りたが、検査局がなくなっても、新たなかたちでの検査の仕事は今後も続く見通しだ。

(週刊ダイヤモンド編集部 鈴木崇久)