管理職になりたくないだけでなく
会社自体に疑問を抱いている

 ある会社で、こうした若者たちを集めてワークショップを行ったとき、彼らは「今の会社には未来はない」と言いました。その言葉の真意を聞き、気づかされたことがあります。

 彼らは、「管理職になりたくない」というだけでなく、今の会社の在り方そのものに多くの疑問や違和感を抱いているということです。

「なぜ、ビジョンと言っているのに示されているのは数字だけなのか」
「なぜ、成長ありきなのか、なんのための成長なのか」
「なぜ、上司は上から目線で、上司が正しいことが前提なのか」
「なぜ、コミュニケーションといったら飲み会なのか」
「なぜ、成果が出ないと評価されないのか」

 こうした疑問や違和感をぶつけても、上司も会社もまともに向き合ってくれない、取り合おうとしてくれない、そこに未来を感じないというのです。「今やっていることがもしかしたら違うかもしれない」そう思って本来の意味を考え、今を問い直す姿勢がない人たちに、未来を切り拓くことができるとは思えないというのです。

 問題は、若手社員の中に、自分なりのビジョンや思いがないのにすぐに会社を辞めてしまったり、企業とはそんなものだとあきらめて、目の前の仕事を淡々とこなすだけになってしまったりという人が増えていることです。このままで、本当に将来のリーダーが生まれてくるのでしょうか。

 特に、これからの技術の進化が人間の役割や仕事を大きく変えるかもしれないといわれる中で、誰がこうした未来を切り拓くリーダーシップを発揮してくれるのでしょうか。