ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップPLUS

お正月は家族で遊ぼう! 
プレイステーション3で遊ぼう!!

石島照代 [ジャーナリスト]
【第3回】 2011年12月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 お正月くらいは子どもとゆっくり遊びたいと思うパパは多いだろうが、だからといってなにをやるかも思案どころ。お金もあまりかけたくないし、遠出したいという気持ちはありつつもなかなか腰があがらなかったり…。というご家族におすすめしたいのが、自宅で楽しめるゲームだ。

 最近はどのゲーム機も家族向きのコンテンツが揃っているが、今回はプレイステーション3用の家族みんなで遊べるゲームを紹介したい。PS3には、前回紹介した「みんGOL」はもちろん、他にも家族みんなで楽しく遊べるゲームがたくさん揃っている。

 そこで今回は「ゲームを作っているけど、子どもとは忙しくてゲームで遊ばない」という、「パパはゲームクリエイター」のお宅へおじゃましてきました。

 今回取材でおじゃましたのは、福岡県福岡市にお住まいの郷田さんご一家(父・努さん、母・祐子さん、長男・まさとくん、長女・もねちゃん)のお宅。今年の夏に大阪から越したそうで、お気に入りは「マンションから見える夏の花火」だという。そんな郷田さんにも悩みがあった。引っ越してきたばかりで、子どもを遊ばせるような場所がよくわからないという。

 「遊園地のような場所もいいんですけど、何度か行くと飽きてしまう。もっとコストパフォーマンスがいいものはないかな、と最近考えていたんですよ。お友達もよく家に来てくれるので、みんなで遊べるものがほしいな、と。そしたら、あ、ゲームがあるな、と」

 郷田さん自身はゲーム開発者で家庭用ゲーム機用ソフトを何本も開発してきたが、実際に子どもと遊んだことはないそうだ。

 「息子も娘も小さいので、まだちょっとゲームは遊ばせられない、と躊躇していたんですよ。こっそり、子どもが寝静まったあとに、妻と一緒にPS3で遊んでいるんですが、子どもも大きくなったし、そろそろ一緒に遊んでもいいかもしれないと最近は思うようになってきました」

子どもの大好きなどうぶつと遊園地で遊ぼう!
「ハッピーチャーリーと空飛ぶカーニバル」

 そこで、郷田さんがチョイスしたのは、「ハッピーチャーリーと空飛ぶカーニバル」(PS3 / PS Move専用)。「暖かそうな絵もいいし、これなら奥さんも喜んで遊んでくれるかも…、と思って」。確かに、ゲーム画面からはどこか懐かしく、親しみやすさや温かさが伝わってくる。

子どもの大好きなどうぶつと遊園地で遊ぼう!「ハッピーチャーリーと空飛ぶカーニバル」 ©2011 Sony Computer Entertainment America LLC.

 プレイヤーはたくさんのミニゲームを遊んで、カーニバルアイランドを元の輝いた島にすることが目的。輪投げ、射的など誰でも簡単に遊べそうなゲームがたくさん揃っているので、小さな子どもでも楽しく遊べそうだ。

次のページ>> 天才卓球少年現る?!
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石島照代 [ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

 


コンテンツ業界キャッチアップPLUS

大好評連載「コンテンツ業界キャッチアップ」の特別バージョン。デジタルエンターテインメント業界注目の新商品やサービスを紹介します。

「コンテンツ業界キャッチアップPLUS」

⇒バックナンバー一覧