99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか?2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。

NHK大河ドラマを
見る前に……
西郷を「9code」で読み解こう

 2018年は「戌(いぬ)」年です。
 あなたは「イヌ」を引き連れた偉人といえば、誰を想像しますか?
 そうです!
 イヌを連れた銅像でおなじみのあの方、西郷隆盛です。

 1月からはNHKの大河ドラマでも「西郷どん」が始まり、いまホットな人物です。

 ところで、あなたは西郷隆盛の「9code」(ナインコード)をご存知でしょうか?

 西郷隆盛は「大地の二黒」です。

 実は、彼の歴史を紐解いていくと、その実績と行動には、まさに「大地の二黒」といわんばかりのエピソードが隠されています。

 これを知っておけば……「あ!この言動は、二黒のあの性格からか!」と、大河ドラマもよりいっそう面白く見られるかもしれません。

 今日は、西郷隆盛の「大地の二黒」としての面白いエピソードをお話ししていきましょう。