世界の高校生は生活満足度の状態で
文化圏ごとにグループ分けできる

 高校1年生を対象とする国際学力テストであるOECDの「PISA調査」は、結果が公表されるたびに世界中で注目され、日本を始め世界各国の教育政策に大きな影響を及ぼしている。当連載でも、2016年の年末に「国際学力テストで日本不振、東アジア諸国が好成績の理由」という題でこれについて紹介した。