ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

このままでは日系自動車メーカーは負け組に!?
「HMI」をキーワードにCESで増幅する米3社の存在感
――スマホがクルマを潰す時・PART3

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第100回】 2012年1月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

自動車産業の舞台は
機械からITへ確実にシフト

 デトロイトから直接、ラスベガスへ飛んだ。

 アキュラ「NSXコンセプト」、レクサス「LF-LC」など北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)で2日間を費やした後、取材の舞台をCES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー)に移した。筆者と同じ空路で、フォードのアラン・ムラーリ社長、ダイムラーのティーダー・ツェッチュ社長もラスベガス入りし、両者はCES併催のカンファレンスで講演した。

 CESは元来、家電ショーだ。だが近年は携帯電話を中心としたIT系商品が主役となった。そこに自動車が本格的に登場したのは2007年。フォードがマイクロソフトと共同開発した車載用OSのSYNC(シンク)を投入した時だ。それが現在、世界市場で急激に進化し始めた「最新テレマティクス」の実質的な原点である(詳しくは本連載第95回『スマホがクルマを潰す時――日本は勝ち組か負け組か 自動車産業激変期に第3の波「テレマティクス」が本格化』参照)。

 CESの会場は、同第92回『短命に終わったアメリカの「ジャパニーズ・チューニングカー」ブーム メディアが書かない“日本ガラパゴス系カルチャー”輸出失敗の真相』で紹介した自動車アフターマーケット見本市のSEMAショーと同じ、ラスベガス・コンベンション・センターだ。

ラスベガスCES、フォードのブース。ここでの主役はクルマでなく、テレマティクス。
Photo by Kenji Momota

 同センターの展示スペースは、大きく3つに分かれている。中央がセントラルホール、その両隣に2階建てのサウスホールと1階建てのノースホールがある。

 SEMAショーの場合、セントラルホール中央にはフォード、GMが陣取り、その周りを米系の有名部品ブランドが取り囲む。それがCESになると、セントラルホールにはサムソン、LG、パナソニックなど大手電機メーカーが出展。セントラルホール手前のSEMAショーでは小規模チューニングメーカーが出展するスペースに、インテル、マイクロソフトなどがブースを構える。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧