芸能人が、こぞって着手するサイドビジネスがある。“パワーストーン”だ。天然石を使ったブレスレットなど、オリジナル商品を作ってネット上で販売するスタイルが一般的で、最近では芸能人だけでなく、話題のキラキラ起業女子業界にも、このビジネスモデルが浸透している。パワーストーンビジネスの実態を、天然石の専門家に尋ねた。(清談社 北条マサ子)

芸能人からキラキラ起業女子まで
パワーストーンビジネスはなぜ流行る

原価が安く、専門知識も不要なパワーストーンビジネスは手がける人が大勢いるが、中には「まがい物」の石を売りつけたりする輩もいる。天然石業者が語る業界の裏側とは?

 千秋や安田美沙子、辻希美、梅宮アンナ、クリス松村と、これまでパワーストーンをプロデュースしてきた芸能人たちは、数え切れない。中でも千秋がプロデュースする天然石ブレスブランド『Love Stone』は、芸能人にもファンが多い。

 さらに、キラキラ起業女子たちの間でも、突如パワーストーンのオリジナル商品の販売を始めるケースが急増している。天然石のショップを経営する岡本孝氏(仮名)は、匿名を条件にパワーストーンビジネスのカラクリについて話してくれた。

「高価で希少な天然石を買う場合は、コネクションを持ったうえで、海外まで買い付けに行かなければ手に入りませんが、ブレスレットに使われるようなパワーストーンであれば、御徒町で買うことができます」

 石の卸売市場といえば、東京・御徒町。ここに行けば大抵の石が手に入るのだという。市場では、水晶やなどの石が箱の中にジャラジャラと入って売られており、安いものだと1粒10円もしない。そのほかの細かい部品は、ユザワヤなどの手芸ショップで手に入る。

「センスに自信がある人なら、『かわいい』と言われるオリジナル商品を作ることもできると思います。服やバッグのオリジナル商品を作るよりも、資金や人件費を使わずにすむので、パワーストーンビジネスは、比較的参入しやすい業界と言えるのではないでしょうか」

 製造に関しては工場に注文しなければならないケースもあるが、シンプルなブレスレットであれば、10分程度で出来上がる。安い石なら諸々の費用を含めても原価1000円ちょっとで作ることが可能だ。