ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

これから求められる人材は会社の寿命よりも長く活躍する“プロフェッショナル”である

上田惇生
【第274回】 2012年2月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
1890円(税込)

 「働く者、特に知識労働者の平均寿命と労働寿命が急速に伸びる一方において、雇用主たる組織の平均寿命が短くなった。今後、グローバル化と競争激化、急激なイノベーションと技術変化の波の中にあって、組織が繁栄を続けられる期間はさらに短くなっていく。これからは、ますます多くの人たち、特に知識労働者が、雇用主たる組織よりも長生きすることを覚悟しなければならない」(『プロフェッショナルの条件』)

 会社のほうとしては、寄りかかりの社員ばかりでは困る。今では、想像もできないことになったが、かつては働く者のほとんどが肉体労働者だった。当然、定年の頃にはくたびれ果てていた。退職後も、それほど長く動き回れるわけではなかった。これに対して、会社のほうは盤石だった。

 ところが今では、働く者の過半が、身体ではなく頭を使う知識労働者である。しかも、企業その他の組織にとって、唯一の意味ある競争力要因は、ドラッカーがいうところの“知識労働の生産性”である。それを左右するものが“知識労働者”だ。会社を引っ張り、定年が延びてもそれ以上に元気なままの人たちである。

 むしろ会社のほうが、競争に負け、あるいは競争に勝っても産業構造の変化とやらに置いてけぼりを食うことがある。あるいは欲に目のくらんだトップが会社をつぶし、あるいは同じく欲に目のくらんだ外国の金融機関のとばっちりを受けて会社がつぶれる。

 しかも、知識労働者が主役になったということは、彼らが、自らの組織に繁栄をもたらすべき存在であるにとどまらず、組織の寿命さえ超えて活躍していくべき存在になったということである。

 したがって、在職中はもちろん、退職後の第二の人生のためにも、新しいキャリア、新しいアイデンティティ、新しい環境の用意をしておかなければならない。

 「すべて初めての挑戦である。むずかしいことではない。だが、知識労働の生産性こそ、一人ひとりの人間、一つひとつの組織が成功を続けるうえで不可欠のものである。これからの数十年にわたって、知識労働者として活躍する人としない人、知識経済において繁栄する組織としない組織の差は、歴然となる」(『プロフェッショナルの条件』)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧