ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
福岡伸一教授が語るエピジェネティクス入門
【第1回】 2012年2月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
福岡伸一 [青山学院大学教授]

【第1回】エピジェネティクスとは何か?
多額の研究費をかけた実験の失敗が
教えてくれた生命の謎

previous page
2
nextpage

 だから従来の遺伝学の研究は、遺伝子の上に起きた変化を一生懸命探してきました。実際に、遺伝子AがA’へとほんの些細な一文字が書き換わっただけで、病気や大きな形態異常が起きることはありますし、アルツハイマー病やがんのように、遺伝子上の変化がその病気の発症に大きな影響をもたらす例もあったわけです。

遺伝子の働きはもっと自由なものです

――エピジェネティクスはそうではない?

 では、エピジェネティクスはどういうふうに遺伝を考えているのかというと、従来の遺伝学を否定しているわけじゃないんです。従来の遺伝学は遺伝学として成り立つと考えています。その上で遺伝子A、B、Cがどういうふうに働くのかを遺伝する仕組みがあるのではないか、というのがエピジェネティクスの考え方です。

 遺伝子が働く=遺伝子のスイッチがオンになるというのは、DNAがRNAというものに変換されて、RNAがタンパク質に変換されることを言います。実際に細胞の中で働きを示すのはタンパク質です。それは1対1に起こるのではなくて、一つのDNAからたくさんのRNAがコピーされて、そのたくさんのRNAからまたたくさんのタンパク質が作られるというように、一対多となりその都度増幅されるわけです。だからAという遺伝子がタンパク質になる(オンになる)には、そのタイミングがいつなのかと、どれぐらいの量が作られるのかという二つの指標があります。

 遺伝子のスイッチがオンになる順番も、A、B、Cなのか、A、C、Bなのか。同じA、B、Cでも、AとBがオンになってだいぶ経ってからCがオンになるのかというタイミングがあります。それから、遺伝子A、B、Cがそれぞれどれぐらいの数のタンパク質になるかは、ステレオの音量つまみのようにボリュームを調整可能なのです。

 そのタイミングやボリュームは大まかに決められていて、それも一緒に遺伝するんじゃないか、あるいは遺伝するような仕組みがあるのではないか、それを調べるのがエピジェネティクスの研究です。遺伝子オンのタイミングやボリュームが変わるだけで、生物は大きく姿形が変わるし、行動も変わる可能性があるということで、非常に注目されています。

 だから今は、遺伝子がA、B、Cと定まってそこから動くことはできないというある種の遺伝子決定論から、もっと遺伝子の働きというのは自由自在だという見方に転換されてきているんじゃないかと思っています。

previous page
2
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



福岡伸一 [青山学院大学教授]

生物学者。1959年東京都生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学研究員、京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授。2007年に発表した『生物と無生物の間』(講談社現代新書)は、サントリー学芸賞および中央公論新書大賞を受賞し、ベストセラーになる。他に『ロハスの思考』(ソトコト新書)、『できそこないの男たち』(光文社新書)、『動的平衡』(木楽社)、『世界は分けてもわからない』(講談社現代新書)、『ルリボシカミキリの青』(文藝春秋)、『動的平衡2』(木楽社)など著書多数。


福岡伸一教授が語るエピジェネティクス入門

「生命とは何か」を追い求める生物学者であり、『生物と無生物の間』や『動的平衡』などのベストセラー作家でもある福岡伸一教授に、今、生物学で最も注目されているエピジェネティクスについて伺った。旧来の遺伝学とは違う、新しいエピジェネティクスとはどういうものなのか。遺伝子以外のものも遺伝するという遺伝の不思議、サルと人を分ける遺伝子の働きの秘密等、そのポイントを全3回でやさしく解説します。

「福岡伸一教授が語るエピジェネティクス入門」

⇒バックナンバー一覧