ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本 商品&実践編
【第2回】 2012年2月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
深田晶恵

「期間限定で金利が高め」の
投信と預金のセットにだまされるな!

1
nextpage

低金利の今は、少しでも高めの金利商品にお金を預けたいと思う人が増えています。しかし、そんな心理を逆手にとった、非常にわかりづらい商品も売られるようになりました。前回は、銀行で預金代わりに勧められてしまう「一時払い終身保険」でしたが、今回は「セット商品」。
3カ月など短期間だけ金利がいい商品のカラクリとは?

高金利に見える、定期預金と
投資信託や外貨預金のセット商品

 最近、銀行のチラシやHPで目立つのは、定期預金と投資信託のセット商品です。「マネープランセット」とか「資産作りセット」などといった商品名がついています。銀行によっては、定期預金と外貨預金のセットもあります。

 円定期預金の金利が通常より高くなるのがセールスポイントで、銀行の人に聞くと、とても売れ行きが好調だとニコニコしていました。

深田晶恵(ふかた あきえ) ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さ ない独立系FP会社である生活設計塾クルーのメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情 報を発信している。15年間で受けた相談は3000件以上。日本経済新聞夕刊、日経WOMAN、日経ビジネスAssocie等でマネーコラムを連載中。お もな著書に『30代で知っておきたい「お金」の習慣』、『住宅ローンはこうして借りなさい・改訂3版』(ダイヤ モンド社)など。
twitter:http://twitter.com/akiefukata

 しかし、この商品は購入する側が得をするわけではありません。では、この商品のカラクリを投資信託と円定期のセットを例に見ていきましょう。

 投資信託とは、多くの投資家から集まった資金が株式や債券などで運用され、得られた収益が投資家に分配されるという仕組みの投資商品です。元本割れのリスクがありますし、購入時手数料や、信託報酬といった金融機関に支払う手数料がかかります。

 購入時手数料が0円という投資信託もあるにはありますが、このセット商品で購入する商品では選択肢に入っていないことがふつうです。

 セット商品の特徴は、円定期の金利が通常の何倍も高いこと。購入する側にとっては、非常に魅力的に見えますが、実は何倍もの金利を払っても銀行はしっかり儲かる仕組みを持っています。

 円定期は3カ月満期のケースがほとんどで、その場合、高い金利がつくのはたった3カ月だけ。たとえば4%の3カ月満期なら、実際に受け取る利息は、4%×3/12(12カ月分の3カ月)=1%、100万円を預けた場合の利息は1万円、20%の税金を引かれると8000円で、その後は通常通りの低金利に戻ってしまいます。

 「3カ月定期」の記載を見落としてしまうと、かなりたくさん利息がもらえる、と勘違いしてしまいます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


深田晶恵 

ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。

1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、レタスクラブ等でマネーコラムを連載、ほかにダイヤモンド・オンラインでの『40代から備えたい 老後のお金クライシス!』のネット連載も 好評。

主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』、『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。
1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。18年間で受けた相談は3500件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、ダイヤモンド・オンライン等でマネーコラムを連載中。
主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』『投資で失敗したくないと思ったらまず、読む本』、『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。


「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本 商品&実践編

長引く低金利もあって、「投資」を始めてみようと思う人も多くなってきました。また、銀行で投資商品や元本割れのリスク商品を勧められることもあります。こんなときに基礎知識がないばかりに自分のお金が減ってしまったケースが多発しています。実際にどんな商品は買ってはいけないのか、投資を始めるときにはどうしたらいいのか、を新聞・雑誌等でおなじみのファイナンシャルプランナー深田晶恵さんが語ります!

「「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本 商品&実践編」

⇒バックナンバー一覧