ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本 商品&実践編
【最終回】 2012年3月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
深田晶恵

投資は結婚生活に似ている? 
商品購入後、「ほったらかし」はダメ!

1
nextpage

さて、投資を始めて商品を買った後はどうしたらよいのでしょうか。実はこの「買った後」の行動も大切です。実際に、商品を決めて投資してしまうと、達成感で満たされて、その後ほったらかしにしてしまう人も少なくありません。これでは投資の練習にならず、「つまみ食い」した意味がないのです。
人気FPの深田さんによれば、適度に商品を管理してこそ、投資の練習になり自分に合った投資法が見つかるとのこと。そこで、買った後に何をすればいいのか、具体的な方法をうかがいました。

継続してチェックする指標は
たった2つでOK

 投資をはじめたら、ぜひとも継続してチェックしたいのが、『日経平均株価』と『長期金利』です。日経新聞なら1面、一般紙なら経済面で確認できますし、ネットでも簡単に見られます。

深田晶恵(ふかた あきえ) ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さ ない独立系FP会社である生活設計塾クルーのメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情 報を発信している。15年間で受けた相談は3000件以上。日本経済新聞夕刊、日経WOMAN、日経ビジネスAssocie等でマネーコラムを連載中。お もな著書に『30代で知っておきたい「お金」の習慣』、『住宅ローンはこうして借りなさい・改訂3版』(ダイヤ モンド社)など。
twitter:http://twitter.com/akiefukata

 『日経平均株価』というのは、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つです。日経225とも呼ばれて、東京証券取引所第一部に上場する225銘柄を対象して数値を出しています。

 これはテレビのニュースでも「今日の株価の動き」として取り上げられますから、毎日チェックしてほしいもの。いまの日本の株式市場全体の動きが把握できます。大きく値動きしたときは、なぜ上がったか、下がったかという要因も確認しましょう。この継続が「投資力」を鍛えてくれるはずです。

 長期金利とは、10年物国債(期間が10年の国債)の利回りのこと。景気が上昇する局面では長期金利も上昇、景気が悪化する局面では長期金利は下落するのが普通です。こちらも毎日チェック…といいたいこところですが、難しければ週に1度でOK。

 金利の動きを読むと、今、日本の景気がどういう状況にあるかが分かると同時に、景気の転換点にも気付くことができます。

 どんな商品を買ったとしても、この2つの指標は要チェックです。2つというと、ちょっと面倒に思うかも知れませんが、習慣化すればなんということもありません。

 さらに、自分で日経平均株価の連動型の投資信託を買っていれば、自分のお金に関係することなので、頭にも入ってきやすいものです。「日経平均が上がっている」=「自分が持っている投信も値上がりした」というようになると、俄然、気にかかるようになりますよね。

 これを継続的にみていくことで、だんだんと経済にも興味がもてるようになります。お天気をチェックするような感覚で確認してくださいね。

いくらになったら売るか、
おおまかなイメージを持っておく

 投資商品を買った場合には、「いくらになったら売るか」をあらかじめイメージしておくことが大切です。投資は「買って、売ってひとつの経験」。税金のかかり方や、狙った水準で売ることの難しさなど、売ってはじめてわかることもあります。

 私が相談を受けた経験からいえば「せっかく値上がりしたのに売り損ねて、その後、値下がり。売っておけばよかった」という人は意外に多いものです。投資を続けるモチベーション上げるためにも、売って利益を確定し、成功体験を積みましょう。

 運用会社や保険会社など、人から預かったお金を運用する機関投資家は、運用するのが仕事であり、現金のまま保有しているわけにはいきません。多くの場合、株式で運用する、債券で運用するなど、運用のルールを決めたうえでお金を預っているためです。

 対して個人投資家は買うのも売るのも自由であり、制約はなし。今は買わない方がいいな、と思えば買わなくてもいいですし、利益を確定したいな、と思えば売っていいのです。誰にもしかられることもありません。

 長期投資や分散投資を否定するつもりはありませんし、どちらも大事なことです。しかし、この「長期投資」などの言葉が呪縛となって手足を縛られると、投資を好きになる前に失敗してしまうことがあります。

 投資に正解はありません。もっと自由に、好きなように投資をして、いいことを知ってください。そうした経験を積んでいくことによって、自分に合った商品に巡り合えるに違いありません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


深田晶恵 

ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。

1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、レタスクラブ等でマネーコラムを連載、ほかにダイヤモンド・オンラインでの『40代から備えたい 老後のお金クライシス!』のネット連載も 好評。

主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』、『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。
1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。18年間で受けた相談は3500件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、ダイヤモンド・オンライン等でマネーコラムを連載中。
主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』『投資で失敗したくないと思ったらまず、読む本』、『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。


「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本 商品&実践編

長引く低金利もあって、「投資」を始めてみようと思う人も多くなってきました。また、銀行で投資商品や元本割れのリスク商品を勧められることもあります。こんなときに基礎知識がないばかりに自分のお金が減ってしまったケースが多発しています。実際にどんな商品は買ってはいけないのか、投資を始めるときにはどうしたらいいのか、を新聞・雑誌等でおなじみのファイナンシャルプランナー深田晶恵さんが語ります!

「「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本 商品&実践編」

⇒バックナンバー一覧