ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
そして生かされた僕にできた、たった1つのこと
【第4回】 2012年3月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダン・カロ,スティーヴ・アーウィン,奥野節子

【第4回】
もし奇跡が起こったら、
それを起こしたのは自分であり、
奇跡を起こす力は、自分自身にある
奇跡が起こるといわれる村へ向かって得たのは、 両親との絆と、奇跡の真の意味だった

1
nextpage

奇跡の起こる村へ行ったものの、何の変化も起こらなかった。
そこで僕は1つの結論を得る。僕に必要なのは、自分を信じること。
「たとえどんな障壁にぶつかろうと、自分が挑戦することは必ず成功する」と、信じることだった。
感動の軌跡を追った連載、第4回。

奇跡の起こる場所へ

 1986年の秋、僕が7歳になった時、両親はユーゴスラビア(現在はボスニア・ヘルツェゴヴィナ)のある村で起こっている奇跡のうわさを耳にしてきました。

 それは、メジュゴリエという小さな村で、1981年から「聖母マリアの出現」が始まったというのです。その村は、有名な聖地となっていました。

 聖母マリアは、村に住む数人の子どもたちの前に現れ、メッセージを伝えたといいます。そして、そこへ行ったたくさんの巡礼者が、病気や傷を治してもらったというのです。

 父も母も、僕が元の状態に戻れる可能性がほんの少しでも存在するなら、どんなことをしてでも、僕をそこへ連れていこうと決心しました。

 そうして僕は、母と一緒に巡礼の旅へと出発したのです。

 僕と母は、10日間、地元の親切な家庭に滞在させてもらうと、毎朝、山を登り、聖母マリアが出現したという場所へと通いました。

 しかし、母にも僕にも、ついに奇跡の声は聞こえず、何も見えませんでした。

 ルイジアナに戻った僕の体には何の変化もありませんでした。奇跡は起こらなかったのです。

 それでも両親は、必ず変化が起こると信じていたので、それから1年もしないうちに、僕は再びメジュゴリエへと向かいました。

 今回は、父と一緒でした。父は、二度目は成功すると信じていました。
僕も父も毎日祈りましたが、今回も何の奇跡も起こりませんでした。

 別の村の保養地も訪れた僕たちは、「魔法のクリーム」のことを耳にします。

 そのクリームは、地域の全病院で火傷患者に使われており、毎日使えば、ひどい火傷の跡でさえ魔法のように元通りになるといわれていたのです。

 僕たちは、そのクリームの大ビンを6、7本買って、帰国しました。

 両親は忠実に、それを毎日、僕の体に塗ってくれました。ある日、急に発疹が出て、感染症が起こるまでは……。

 魔法のクリームは、すぐにごみ箱行きとなりました。再び、僕は、目に見える奇跡のサインを何も与えられなかったのです。

 けれど、メジュゴリエへの旅は、2つの意味で大切なものとなりました。

 1つには、両親との絆を強めてくれ、もう1つは、奇跡を経験するということの真の意味について、じっくりと考えさせてくれました。

 僕の出した結論は、「もし奇跡が自分に起こるとしたら、それを起こすのは自分自身だ」ということでした。

 僕に必要なのは、自分を信じることだと思ったのです。

 つまり、「たとえどんな障壁にぶつかろうと、自分が挑戦することは何であれ、必ず成功する」と、つねにプラス思考で信じることです。

 それからは、僕はあらゆることに2倍の努力をするようになりました。勉強でもスポーツでも、最大の挑戦である靴ひもを結ぶことでも、これまで以上に頑張ったのです。

 その結果、発見がありました。それは、今日でも信じていることですが、どんなことにでも一生懸命取り組み、練習を重ね、全身全霊で打ち込めば、必ず自分で奇跡を起こせる、ということです。

 自分で奇跡を起こす能力に気づいたのは、バスケットボールのコートの中でした。
 

次のページ>> 僕に限界はない
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ダン・カロ(Dan Caro)

1979年、米国ルイジアナ州南部に生まれ。1982年、2歳のときに事故で全身に重度の火傷を負い両手の指を失ったが、幼い頃にプロのドラマーになることを誓い、ロヨラ大学などで音楽と音楽セラピーを学んだ。
ロヨラ大学では、有名ドラマーであるジョニー・ヴィタコヴィッチに師事し、在学中に、ギタリストのブランドン・タリコーンらと「ブラザーフッド・オブ・グルーヴ」を結成する。その後、フリーのドラマーとなり、マイケル・レイ&ザ・コズミック・クルーなどの有名アーティストらと多数の共演を果たしている。
現在もプロのドラマーとして活動しながら、自己啓発の講演者として、どんな障害があっても決して自分の夢をあきらめなかった自身の生き方を全米で語っている。ニューオーリンズ在住。www.dancaro.com
 

スティーヴ・アーウィン(Steve Erwin)
作家であり、数々の賞を受賞したジャーナリスト。イマキュレー・イリバギザとの共著『生かされて。』はニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーとなった。
 

奥野節子(おくのせつこ)
北海道生まれ。高校の英語教師を経て、ジョージ・ワシントン大学大学院修了後、ニューヨークの米企業に勤務。訳書に、『「死ぬこと」の意味』(サンマーク出版)、『ジョン・オブ・ゴッド』『オーブは希望のメッセージを伝える』(以上、ダイヤモンド社)など多数がある。
 


そして生かされた僕にできた、たった1つのこと

両手の指を失いながらも、プロのドラマーになった少年の実話
彼を紹介するテレビ番組が、全米ネットで放映された後、視聴者から何千通もの感謝の手紙が寄せられました。彼の名は、ダン・カロ。2歳の時に不慮の事故で全身に重度の火傷を負い、奇跡的に一命はとりとめたものの、その代償としてその後の人生に残酷としか言えない運命を背負うこととなります。顔も体もそのほとんどが焼けただれ、鼻や唇、そして両手の指も失ってしまった彼を待っていたのは、周囲からの差別や偏見の眼差しでした。しかし彼は決して悲観的になることはなく、プラス思考にだけ集中し続けたのです。その結果は……誰もが思っていた以上のものでした!
 

「そして生かされた僕にできた、たった1つのこと」

⇒バックナンバー一覧