ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

大きな流れを知り基本に従う
個々の変化には振り回されず
流れそのものを機会とせよ

上田惇生
【第279回】 2012年3月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
2310円(税込)

 「日本では誰もが経済の話をする。だが、日本にとって最大の問題は社会のほうである。この50年に及ぶ経済の成功をもたらしたものは、社会的な制度、政策、慣行だった。その典型が系列であり、終身雇用、輸出戦略、官民協調だった」(『ネクスト・ソサエティ』)

 それらのものは、日本の古くからの伝統として片付けられることがある。間違いである。ドラッカーは、それらのものは、初めて日本を訪れた1950年代にはまだ生まれていなかったという。じつは、それらの経営手法を制度化した戦後財界人を後押ししたのが、ドラッカー、デミング、ジュランだった。

 日本の社会に根ざしたものではあった。だから成功した。戦後の荒廃から今日の経済をもたらしたのは、戦後のリーダーたちが生み出したそれらの制度、政策、慣行だった。いずれもすばらしい社会的イノベーションだった。

 しかも、90年頃まで見事に機能した。日本の面目躍如たるものだった。ドラッカーに言わせるならば、なにしろ日本は、大化の改新において中国の制度を日本化したばかりか、明治維新においては、日本の西洋化ではなく、西洋の日本化に成功した国だった。

 だが、それら過去の制度、政策、慣行も期限切れとなった。もはや、満足に機能しているものはほとんどない。同時に、雇用や高齢者医療などへの取り組みも弥縫策のままである。したがって、今の日本こそ、あくまでも日本の社会に根ざした新しい制度、政策、慣行を緊急に生み出さなければならない。

 産業、雇用、教育、医療、年金その他すべて、経済の仮面をかぶった社会の問題である。あらゆる先進国と新興国が抱えている問題である。しかし、すべて社会のあり方にかかわる問題であるがゆえに、それぞれの国がそれぞれの伝統のうえに、それぞれの解決策を見出すべきものである。

 「次の社会―ネクスト・ソサエティはすでに到来した。もとには戻らない。急激な変化と乱気流の時代にあっては、大きな流れを知り、基本に従わなければならない。個々の変化に振り回されてはならない。大きな流れそのものを機会としなければならない。その大きな流れが、ネクスト・ソサエティの到来である」(『ネクスト・ソサエティ』)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧