ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「採用の神さま」のイマドキ日中就活ルポ 小畑重和

パソナが卒業間際の未内定者を救う!?
逆転の就活へ導くフレッシュキャリア社員制度って?

小畑重和 [(株)トランセンド アジアHRプロジェクト顧問]
【第24回】 2012年3月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 皆さん、こんにちは。自分で言うのもなんやけど、「採用の神さま」小畑重和です。

 2013年卒学生の就活は、期末試験も終わり、4月の選考開始に向けていよいよ本格始動する頃ではないかと思います。ではその一方で、最終局面を迎えている12年3月卒学生の就活はどうなっているでしょうか?

 卒業を間近に控えながらもまだ内定先が決まっていない、そんな学生もきっと少なくないことでしょう。そこで今回ご紹介したいのが、2年前からパソナが取り組んでいる新卒未就職者や既卒者を対象にした就労支援「パソナフレッシュキャリア社員制度」 です。

 この制度によって、卒業間際に内定を獲得、4月から就職できた学生もいるそうです。では実際にパソナはどのような就労支援で内定へと導いているのでしょうか。そんな疑問を解決すべく、同社フレッシュキャリア社員制度プロジェクト事務局の土田浩子チーム長にお話を伺いました。

アルバイトはキャリアにならない日本
“空白期間”をなくすことが就職支援のカギ

 土田さん、こんにちは。まず、この「パソナフレッシュキャリア社員制度」はどんなものか、そしてなぜ始まったのか教えてください。

パソナフレッシュキャリア社員制度プロジェクト事務局の土田浩子チーム長

 「フレッシュキャリア社員制度は、2年前の2010年3月に立ちあがったパソナの新卒キャリア支援プロジェクトです。当時はリーマンショックの影響で急速に新卒の就職が厳しくなり、未内定のまま多くの学生が卒業せざるをえない状況にありました。私たちパソナは、以前より若年層の就労支援をしてきましたし、『社会の問題点を解決する』ことを企業理念にしています。ですから、自分たちが未内定の新卒学生に何ができるのかを考えたことがこの制度を始めるきっかけになりました」

 2年前、そうでしたね。09年3月卒学生の内定取り消しや自宅待機が相次ぎ、10年3月卒に関しては一気に求人が冷え込みましたもんね。

 「以前の就職氷河期の時には、『就職はしたいけれど、新卒採用に落ちてしまい、やむなくアルバイトをする』という方々が多くいらっしゃいました。しかし、その後、05、6年頃に経済が回復して、彼らが正社員として再就職を考えたときにネックになったのが、アルバイト歴です。まだまだ日本の社会ではアルバイト歴を卒業後の“空白期間”としか見なさない傾向があり、不採用になるケースが多くありました。やむなくアルバイトをしていたのに、正社員に戻る機会も与えられない。だからこそ、きちんとどこかの会社に所属して空白期間をつくらないことが重要ではないかという点を制度設計の際のポイントとして考えました」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小畑重和 [(株)トランセンド アジアHRプロジェクト顧問]

1959年京都市生まれ。82年京都大学法学部卒。同年リクルート入社。入社後、10年間、人事採用担当・責任者として、高成長期のリクルー トの採用をささえる。キャリアスクール「i-Company」校長、リクルートエージ ェントの採用部長を経て、現在、主に北京で中国人大学生を採用する(株)トランセンド AHRP事業顧問。公式サイトhttp://obatashigekazu.net/


「採用の神さま」のイマドキ日中就活ルポ 小畑重和

「第二次就職氷河期」と呼ばれ、学生たちの就職難が問題視されている日本。その一方で、中国進出やグローバル化を視野に入れた多くの企業が熱い視線を寄せるのが中国の学生だ。本連載では、これから一層注目を集める中国の就活事情を明らかにするとともに、日本人の学生が彼らに負けないための処方箋を探る。

「「採用の神さま」のイマドキ日中就活ルポ 小畑重和」

⇒バックナンバー一覧