保険会社が手間を掛けて熱心に売るのは当然だが、顧客はできるだけ付き合わない方がいいのもまた当然だ。しかも、高額で複雑な商品であるにもかかわらず、保険料の内訳が開示されていないことは、消費者保護上大きな問題だ。現在の金融行政の明らかな落ち度だと言っていいだろう。

オトナの世界のマネーの4原則

 リボ払い、カードローン、生命保険のようなありふれた商品やサービスにも、明白な「不利」が潜んでいることをご理解いただけただろう。こうしたものを、ニコニコと微笑みながら親切そうに勧めてくるのが、オトナのマネーの世界なのだ。

「三悪商品」は身近で簡単な具体例だが、今後、新社会人の読者は、自分が持つお金が増えるにつれて、資金の運用などで不利であると同時に、もっと危ない話にも接することになるだろう。

 繰り返すが、お金の判断のミスは、損失の規模が大きくなりがちだし、大変悔しい。以下、お金の判断ミスを避けるための一般的な原則を四つ挙げておく。

【マネーの判断ミスを避ける4原則】

(1)他人(金融マンも、友人も)が確実に儲かると教えてくれる儲け話は、信用しない方がいい。特に金融機関は、本当に有利に儲かるなら、他人に教えずに、その機会を自分で利用するはずだ。

(2)金融マンやロボアドバイザーのようなプログラムに、運用を「お任せ」したり、「相談」したりすることは、自分の状況を悪化させた上に手数料を払う愚行である。自分で判断できないことは、やらないと決めておこう。専門家に相談すると気が楽だという依頼心が隙を生む。

(3)少なくとも「相談」の相手と、「商品を購入する」相手を分けることが肝心だ。また、金融マンでもフィナンシャルプランナーでも、プロの時間を使うと高くつく。人間から運用商品を買うと幸せにならない。彼らを、敬して遠ざけよ。

(4)自分のお金の状況に関して、金融ビジネスを含む他人に情報を持たせない方がいい。特に、銀行はお金の動きを知っているので、銀行で運用商品を購入しないことが肝心だ。

(経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員 山崎 元)