ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社長は労働法をこう使え!
【最終回】 2012年4月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
向井 蘭

労務トラブルに巻き込まれるのは、
「経営者が交代した会社」と「草食系経営者」

1
nextpage

気鋭の労務専門弁護士である向井蘭氏が、労働法と労務のポイントを「経営者のために」解説する連載。最終回となる今回は、どのような会社・経営者がもめやすいのかを紹介する。じつは労使間での争いが起きやすいのは、ブラック企業などでなく、人柄のいい草食系経営者、金払いのいい会社だという(文中の事例は、事実をもとに改変を加えたものです)。

役員が労働組合をバックアップしたケースも

 もめる会社でいちばん多いのが、経営者が交代したばかりの会社です。

 労働問題を扱い始めた当初は、経営者が若くて経験が少ないからもめるのかと思っていましたが、そうではありませんでした。2代目、3代目の社長として30代、40代で会社を継いだとき、トラブルが起きやすいのです。

 先代社長の時代から我が物顔に振る舞ってきた古参社員が、居心地のいい会社を新社長に邪魔されたくないという理由で、トラブルを起こし始めるのでしょう。

 「会社が社員に乗っ取られた」
  事務所にやってきた社長は顔面蒼白でした。

 社長は2代目。創業者であった父親が亡くなり、数ヶ月前に事業を継承したばかりでしたが、先代時代の大番頭的社員が外部の労働組合と手を結び、新社長に反旗を翻しました。それまで社員は組合活動などに興味のない人ばかりでしたが、「働きやすくなるから」と組合に誘われ、わずかな期間で全社員が組合に入りました。会社に余裕がないのはわかっているはずなのに、組合は賃金アップや諸制度の改善などを次々に要求してきます。

 新社長は孤立無援の状態です。誰を信用していいのかわかりません。労務関係のトラブルに詳しい人も周囲にいないため、どう対応したらよいかもわかりません。
  社長は「悔しい」と言いながらぽろぽろと涙を流しました。

 ある会社では、創業者である先代社長が突然亡くなって息子さんが会社を引き継いだところ、労働組合の結成通知がきました。それだけなら問題はないのですが、漏れるはずのない会社側の情報が労働組合に漏れるなど、明らかに様子がおかしいのです。新社長は、役員の1人が労働組合をバックアップしていると確信していましたが、確証はありません。

 結局、この役員が横領を行なっていたことが発覚し、証拠を突きつけたところ、自ら退職していきました。同時に労働組合も解散し、以前の会社に戻ったのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


向井 蘭(むかい らん)

 

弁護士。1975年山形県生まれ。東北大学法学部卒業。2003年に弁護士登録。狩野・岡・向井法律事務所所属。経営法曹会議会員。労働法務を専門とし、解雇、雇止め、未払い残業代、団体交渉、労災など、使用者側の労働事件を数多く取り扱う。企業法務担当者向けの労働問題に関するセミナー講師を務めるほか、『ビジネスガイド』(日本法令)、『労政時報』(労務行政研究所)、『企業実務』(日本実業出版社)など数多くの労働関連紙誌に寄稿。
著書に、『時間外労働と、残業代請求をめぐる諸問題』(共著、産労総合研究所)、『人事・労務担当者のための 労働法のしくみと仕事がわかる本』(日本実業出版社)がある。


社長は労働法をこう使え!

「経営者側」の労務専門の弁護士は、全国に100人ほどしかいません。そのため、会社と労働者のトラブルでは会社に正義があることも多いのに、多くの社長が孤独な戦いを強いられています。そんな状況を少しでも改善しようと出版された『社長は労働法をこう使え!』の著者・向井蘭氏に、労働法と労務トラブルの「経営者のための」ポイントを解説してもらいます。

「社長は労働法をこう使え!」

⇒バックナンバー一覧