ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

この異常事態は単なる買い控えだけなのか?
家電価格“底なし下落”の知られざる真因

岡 徳之
2012年4月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

薄型テレビ、ブルーレイ、パソコン――。今、家電の花形製品が熾烈な価格競争に巻き込まれ、底なしの下落に見舞われている。この下落ぶりを見ていると、家電市場がこれまでと異なるフェーズに突入したかのような印象さえ受ける。原因は、長引く不況による需要の減少ばかりではない。一筋縄ではいかない構造的な要因も見え隠れする。市場で起きている「異常事態」の背景を探ってみよう。(取材・文/岡 徳之、協力/プレスラボ)

なぜ家電がこんなに安いのか?
かつてない異常事態が今、起きている

 「最近、家電がやけに安くなったな……」

 休日に家族と一緒に家電量販店を訪れるとき、こう感じる人は多いのではないだろうか。

 今、家電が安い。大型テレビが5万円を割り込み、人気機種のパソコンが10万円を切るケースも珍しいことではなくなった。少々古いモデルに至っては、「半値以下」というケースもザラだ。

 消費者から見れば、家電の値下げは喜ばしい変化であることは間違いない。しかし、それをつくって売っている家電メーカーにとっては一大事だ。致命的な打撃を被りかねない大きな問題である。

 デフレが続き、いまだに不況から抜け切れない日本では、これまでも家電や外食をはじめ、ありとあらゆる業界で値下げ合戦が繰り広げられてきた。こうした状況は、「価格破壊戦略」と揶揄されたこともあったが、それはあくまで企業の「戦略」の範囲内で行なわれていた。

 しかし、「最近の家電価格の下落ぶりを見ると、企業戦略の範疇で起きていることとは到底思えない」と、デジタル家電に詳しいある男性会社員は感想を漏らす。あたかも、家電市場そのものが、これまでと異なるフェーズに突入したかのようだ。市場では、いったい何が起きているのだろうか。背景を探ってみよう。

 まず実際に、足もとで家電の価格はどれほど下落しているのだろうか。

 家電の調査会社BCNによると、国内の40インチ薄型テレビの平均単価は、今年2月に7.18万円となった。昨年2月が10.81万円だったことを考えると、たったの1年で3万円以上値下がりしていることになる。サイズを問わずに、薄型テレビ全体の平均単価推移を見ても、やはり値下がりは著しい。昨年2月の6.38万円から、今年は4.69万円まで安くなっている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

おか・のりゆき

「マイナビニュース」「J-CAST」など、主にウェブ媒体での執筆活動を行ない、IT業界全体を俯瞰するマ クロな視点とウェブ技術に特化したミクロな視点で、業界を定点観測している。デジタルネイティブ世代とロスジェネ世代の中間層(1986年1月生まれ)。PRエージェンシー勤務を経 て、2011年より企業広報・ソフトウェア開発を専門とした株式会社tadashikuを立ち上げる。国内大手BtoCブランドのPR業 務に従事し、国際的な広告賞を受賞したデジタルクリ エイティブキャンペーンにも携わった。


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧