ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
みんなでひとり暮らし。
【第2回】 2012年4月13日
著者・コラム紹介バックナンバー

今までのゲームは終わり、
新しいゲームが始まっている。
宮台真司が「よるヒルズ」と
シェアハウスの未来を語る
社会学者・宮台真司×「トーキョーよるヒルズ」高木新平【後篇】

1
nextpage

いま話題の昼夜逆転 シェアハウス「トーキョーよるヒルズ」編集長の高木新平氏こと「シンペー」と、社会学者宮台真司氏の対談企画、後篇。

前回は、地域・家族・会社といった共同体が崩壊しつつある現代において、「ホームベース(本拠地)」を持つことの重要性と、「真の絆」をつくるために必要なことについて語り合った。

新たな共同体の萌芽として数十のシェアハウスとその住人が登場する『大人のためのシェアハウス案内』

そこで紹介される暮らしぶりは多種多様だが、宮台氏はこの動きを実りあるものにするために押さえておくべきポイントがあると言う。シンペーのような価値を体現する者の出現が必要だ、と語る宮台氏は、シンペーとさらに議論を深めていく。

ソーシャル・キャピタルが
より重要になる時代

宮台真司(みやだい・しんじ)/社会学者。映画批評家。首都大学東京教授。1959年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。権力論、国家論、宗教論、性愛論、犯罪論、教育論、外交論、文化論などの分野で単著20冊、共著を含めると100冊の著書がある。キーワードは全体性、ソーシャルデザイン、アーキテクチャ、根源的未規定性、など。

宮台 前回話したホームベースたる共同体でうまれるソーシャル・キャピタル、つまり人間関係資本の有無がこれからますます重要になる。将来のために金融資産を貯めるってことよりもね。

 ここ4~10年の間に銀行が持つ国債を買う原資――国民の預貯金だが――が底をつき、国債の買い増しができなくなる。そうなると、国債は、外国に買ってもらうしかなくなる。が、買い叩かれるだろう。

 何十年にもわたり日本国政府に財政再建能力がないことが証明されてしまっているからね。国債が半値になれば、円も半分の価値になる。エネルギー・資源の輸入価格や長期金利も倍以上に跳ね上がる。

 老後が不安だ、将来が心配だと、お金を貯めこんでいても、もしハイパーインフレになれば資産は縮んでしまう。

 経済的展望が全く見えない中、高度経済成長時代に築かれた従来型の発想をいろいろ変える必要がある。

 我々は、そのことにもっと自覚的でなければならないよね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



みんなでひとり暮らし。

このところ盛んに流れる「孤独死」のニュース、世界でもダントツに高い日本の自殺死亡率。その背景には社会に広がる「孤独」の影があることは否めません。そんな風潮とは裏腹に、最近の若者たちの間で新たなコミュニティが生まれています。それが「シェアハウス」です。この連載では、「会社」より「プロジェクト」、「結婚生活」より「仲間との暮らし」と動き始めた彼らの生き方を追います。

「みんなでひとり暮らし。」

⇒バックナンバー一覧