ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

子供の歯肉炎を心配する親に大人気!
花王が掘り当てた“洗口液”の鉱脈

週刊ダイヤモンド編集部
2009年6月11日
著者・コラム紹介バックナンバー

 「小・中学生の約4割が歯肉炎になっています」

 この文字をテレビCMやインターネット広告、ドラッグストアの店頭で目にしたことがおありだろう。その製品とは花王の洗口液「クリアクリーン デンタルヘルス」。

  ハミガキ後に口にふくんでブクブクすることで、菌の繁殖をおさえ、歯肉炎を予防するというもので、「小中学生の子供を持つ親が買っていくケースが多い」(小売り関係者)。3月の発売以来、計画の2倍の売れ行き。洗口市場の2ケタ成長のけん引役となっている。

 ボーナスや残業代が減り、消費者の財布の紐が堅くなっているなか、洗口液はそもそもの使用率が3割程度と、必需品ではない。にもかかわらず、ヒット商品となった裏には「花王のマーケティング力」とみる小売り関係者が多い。

 冒頭のキャッチコピーは、平成17年の「歯科疾患実体調査」を利用したもの。幼児期には親が子供を膝に乗せて仕上げ磨きをしていたが、子供の成長につれてその習慣がなくなる。その結果、磨き残しが出て、歯肉炎につながるというのが花王の分析である。

 子供向けの洗口液そのものは業界内にはあったが、花王のマーケティングのミソは子供向けとはうたっていないところだ。小中学生の子供を持つ親に向けて“危機感”を喚起し、「子供にも親にも使ってもらう商品」とした。味覚もソフトミントでイチゴ味といった子供向けではない。

 花王は、「ファミリーで洗口液を使わないと、習慣として根付かない」とあくまでもファミリーにこだわったわけだ。

 洗口液市場の二大ブランド、「GUM」(サンスター)や「モンダミン」(アース製薬)とはまったく違う土俵を作り出した花王は、学校向けに10万本のサンプリングを行なうなど、さらに攻勢をかける構えだ。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 大坪稚子)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧