ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新人編集者ムラタの××日記
【第43回】 2012年4月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

溢れる才能を無駄遣いする京大生。
4月9日(月)~15日(日)

1
nextpage

わが書籍編集局では、人事異動に伴うフロア内引越しが行われています。メンバー自体にはそれほど変化がなくても、自分のデスクから見える光景が変わるだけで、なんだか新鮮な気分になります。ということで、今回の日記の最後に、ささやかな告知を入れました。今週もよろしくお願いします。

溢れる才能を無駄遣いする京大生から目が離せない

 継続的なランニングを始めてから、日々の食事にも気を使うようになり、野菜を摂取するための効果的な方法として日曜日にカレーをつくってみました。出社してパソコンに向かった瞬間、カレーを冷蔵庫にしまい忘れていたことを思い出し、絶望的な気持ちでこの日記を書いています。

 以降、カレーとのつながりは全くありません。最低の導入であったことをまずはお詫び申し上げます。

 最近、小熊英二さんの『1968 上・下』(新曜社)を読み返す機会があり、学生運動全盛期の世界に吸い込まれていました。時代背景をざっとおさらいするため、インターネットで大学のwikipediaを調べていたところ、京都大学に関する記述でまた面白いものを発見。仕事には結びつかなくとも、日記にはつながるネットサーフィンです。

 京都大学の学園祭、通称11月祭には毎年「統一テーマ」が決められているらしく、これが時代を反映していて興味深い。詳細については、ぜひ、こちらのリンクをご覧いただければと思います。
 

 1967年(第9回) - のばそう大学に新しい芽を 築け展がれ人類の知恵 鳴らせ高らかに創造のつのぶえ おしよせる戦火の嵐ふきとばし 進め固めて反戦自由の道

 1968年(第10回) - 思索から連帯へ!終章。 永訣の朝-B52。君たちの祖国70年6月23日 友よ 自己と日本解放の日は近い

 このあたりは時代のカラーを感じます。こちらも当時の様子をイメージできる興味深さはありますが、この統一テーマなるものが、メッセージ性重視のものから、最終的には自虐を交えた渾身の一発ギャグへと変化している点に一層の面白さを感じます。

 1989年(第31回) - 堕落への誘い

 1995年(第37回) - 我輩は京大生である 理性はもうない

 1997年(第39回) - 狂うは一時の恥、狂わぬは一生の恥

 2001年(第43回) - それはそれ これはこれ

 2002年(第44回) - 総長! 京都を占拠致しました!

 2010年(第52回) - 仕分けできないムダがある

 個人的には「1996年(第38回) - 知と痴の融合」や「2006年(第48回) - 溢れる才能の無駄使い」が、京都大学らしい自由な校風を感じていいなと。以前の日記でも触れた折田先生像に引き続き、京大からは秋も冬も目が離せません。

 ちなみに、今回のネットサーフィンを休日に行なっていたこと、この場をお借りしてしっかりと伝えておきたいと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

1985年東京都生まれ。2009年、ダイヤモンド社入社。以後2年間は営業部に所属。営業マンとして主に神奈川県、新潟県を担当。2011年春の人事異動にともない、書籍編集局第二編集部に配属。


新人編集者ムラタの××日記

2011年4月、ダイヤモンド社書籍編集局に大型新人が配属された。
彼の名はムラタ。2009年入社から営業部で書店営業を担当してきた彼が、全く異なる職種である書籍編集の部署で、何をどう感じ、どんなふうに自分らしい仕事のしかたを見つけていくのか。
本連載は、一人の若手編集者が様々な壁にぶちあたりながら成長していく過程を自ら日記形式でしたためていくものです(予定)。あたたかい目で見守っていただけましたら幸いです。

「新人編集者ムラタの××日記」

⇒バックナンバー一覧