ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
残業ゼロでも必ず結果を出す人のスピード仕事術
【最終回】 2012年4月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
植田 統 [弁護士、国際経営コンサルタント]

最少の時間で最高のアウトプットを出す
スピード仕事術(2)

1
nextpage

本連載もいよいよ最終回。6割の調査データをもとに結論を出す、何に対しても仮説をつくる習慣を持つ、上司にあなたの考え方を「見える化」しておくなど、前回に続き、スピードと結果を両立させるための仕事術のコツをお伝えして締めくくりとしたい。

行き詰まったらすぐに隣の人に聞く  

 事実を調べてみた、アナロジーも思いつく限りのことを考えてみたが、でも答えがわからないということもある。

 こうした場合には、すぐに誰かに聞くことだ。それが、結果にたどりつくための早道である。

 「灯台もと暗し」で、実は隣の人が答えを持っているというケースはよくあることだ。だから、わからなかったら、それを隠さず、ちょっと大きな声で「わからないなー。どうしたらいいかなー」と言ってみるのがいい。

 一番いけないのは、「わからない」ということが恥ずかしくて、黙って一人で抱えていること。これをやってしまうと、周りの人も上司もあなたの仕事が順調に進んでいるものと錯覚してしまう。

 こうして、時間がたっていくと、ある日、上司から、「あれの結果見せてくれる」と言ってくる。

 「すみません。あの情報がとれなくて、まだ結果が出ません」などと答えているようではダメ。もうあなたは「結果が出ない人」に上司の頭の中で分類されている。

 こんなことになると、上司の頭の中で、「結果が出ない人」の分類から、「結果を出す人」の分類に脱出するには、おそらく3回ぐらい続けて、タイムリーに答えを出し続けないと無理だ。

 多くの人が、周りの人に聞かずに自分で抱え込んでしまうのは、「自分がわからないのに、身近に答えを持っている人がいるはずがない」と思い込んでいるからだ。

 確かに、それはそうかも知れない。

 でも、いきなり答えを持っている人を見つけられなくても、答えを持っている人を知っている人を見つけられれば、それで十分。人から人へとどんどんたどっていけば、いつか本当に答えを持っている人にたどりつける。

 「わからなかったら、わからないと騒ぐ」 そして、恥ずかしがらず隣の人にどんどん聞く。これをぜひ皆さんの習慣にしてほしい。

調査は6割の結果で満足する

 こうして事実や情報を求めて調査活動を行い、一刻も早く結果にたどりつこうとするのであるが、ここで、それをストップさせてしまうもう一つの要因が「完璧主義」である。

 何事にも完璧を求めるのは、美しいことである。

 だが、ビジネスの世界で完璧を求めるのは不可能だ。ビジネスの環境、消費者の嗜好は一時も休まず変わっていく。

 競合会社は新しい戦略をどんどん打ってくる、世界のどこかで経済状況が激変すると、その変化は止まることを知らない。ある一瞬は完璧だと思ったことでも、次の一瞬にはもう古い。そんな状況だから、完璧を求めても意味がないのである。

 完璧よりもスピードこそが大事ということだ。

 この点を学校の勉強が得意だった人は誤解し、完璧な答えを時間をかけて探そうとする。 だが、ビジネスの世界は「生き馬の目を抜く世界」だから、それでは遅すぎる。学校の勉強が得意だった人は、この点をよく理解して考え方を180度転換しないと、ビジネスの世界では、単なる仕事の遅い人になってしまう危険がある。

 だから、調査で事実やデータを探すにしても、完璧を求める必要はない。自分でたぶん「こっちだな」と思える状況に達することができれば、そこで調査を終えていいのである。私の感覚では、6割確信が持てればそれでよいと考えている。

 6割というと、ずいぶん低いなと思われる方も多いに違いない。

 でも、人間、特に日本人は、完璧志向が強いから、6割と思ったときには、客観的には8割に達していると思うので、こう書いている。皆さんもこれぐらいのスピード感と大雑把さを持って、仕事を進めていっていただきたい。

 それから、もう一つ心にとどめておいてもらいたいことは、こうして調査を進めていって、事実を突き詰めようとしても、事実は一義的に明らかにはならないということだ。 事実は捉え方によって二面性がある。表と裏から説明がつくのである。それを表か、裏かを明らかにするために、時間をかけて調査をしても無駄ということがよくある。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


植田 統 [弁護士、国際経営コンサルタント]

1957年生まれ。81年東大法学部卒。ダートマス大学経営大学院にてMBA取得。成蹊大学にて法務博士取得。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)、ブーズ・アレン・ハミルトン、データベース会社のレクシスネクシス・ジャパン代表取締役などを経て、世界最大の企業再生専門ファームであるアリックスパートナーズ シニアディレクター。アリックスパートナーズでは、JALやライブドアの企業再生などを担当。著書に『45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本』『企業再生7つの法則』(日本経済新聞出版社)。共著に『企業再生プロフェッョナル』(日本経済新聞出版社)、『マーケット・ドライビング戦略』(東洋経済新報社)がある。


残業ゼロでも必ず結果を出す人のスピード仕事術

「忙しいだけの人」VS.「仕事ができる人」、その違いはどこにあるのか? キャリア30年の外資系コンサルタントの著者が、時間をマネジメントしながら仕事の結果も出していく、スピードと結果を両立させる仕事術の秘訣を全5回にわたって紹介します。

「残業ゼロでも必ず結果を出す人のスピード仕事術」

⇒バックナンバー一覧