ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

レンズの向こうの仏大統領選挙
誰に入れる?庶民の気分はすっかり消去法
――フォトグラファー 七種諭

七種 諭 [写真家]
2012年4月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 4月に入って寒い日が続いていたけど、やっと春らしく暖かくなって来た。

 日本のような美しさはないが、桜も巴里の中ではやっと満開、巴里郊外では咲き始めたというところだ。

エコロジー派からの候補者エヴァ・ジョリ(左)/極右翼からの候補者マリー・ルペンの顔だったのだが見事に!(右)
Photo by Satoshi Saikusa

 いよいよ、巴里の中にフランス大統領選のポスターが貼られ始めたてきた。立候補者は現職のニコラ・サルコジ以下10名いる。

 4月22日に誰も票の過半数を取れない場合は、5月6日に2名による決定戦……。

 僕の周りの人達は、最初からこの決定戦を頭に入れているらしい。中には、わざと第1回投票は、極右翼のマリー・ルペンに投票し、どんなに我々が不満であるかを候補者達に見せてやりたいと言う人たちもいる。

 しかし、2002年シラクとマリー・ルペンの父親であるジョンマリー・ルペンの最終投票になった時には、さすがにフランス人を含め世界中の人たちが愕然としたと思う。

 もしかすると今回もその様な事になる可能性はある。

 今朝、うちの近所では既に候補者のポスターにいたずら書きがされている、マリー・ルペンのポスターは顔の部分が乱暴に剥がされていた。巴里11区でもバスティーユ広場に近い、新オペラ座の裏辺りは、僕ら東洋人を始めアフリカ系等の有色人種が多く住んでいる。やはり、と云う感じ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

七種 諭(さいくさ さとし) [写真家]

1959年 長崎県生まれ。1984年渡仏して以来、巴里に拠点を置き、ポートーレート、広告、ファッション、アートワーク等を中心に活動。2010年からアートギャラリーDA-END,を立ち上げ、日本人アーティストを中心にヨーロッパのアーティストも紹介している。日本での主な仕事は資生堂ーTSUBAKI広告、美術手帳ー特集:松井冬子など。ギャラリー情報 Galerie Da-End 17 rue Guenegaud, 75006 Paris


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧