ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

穀物メジャーに王手かけるか
巨額投資に挑む丸紅のジレンマ

週刊ダイヤモンド編集部
2012年5月16日
著者・コラム紹介バックナンバー

 「高い障壁が立ちはだかっているのは事実」(丸紅幹部)

 丸紅は、米国の穀物3位のガビロン社の買収交渉を進めている。全株式を取得すれば、丸紅の年間穀物取扱量は4000万トン規模となり、世界首位の穀物メジャー、米カーギル社に並ぶ。かねて目指してきた、「和製穀物メジャー」の称号獲得に一気に手が届きそうだ。

 だが、朝田照男社長は意気揚々としながらも、不安を隠さない。「穀物に強みを持つ丸紅としてはまたとないチャンスだが、資金をどうするか」──。

 そもそも丸紅の新規投融資額は年間平均3000億円。金融機関などに出資を仰ぐ可能性もあるが、手中に収めるためには、「約3000億円は必要」(関係者)で、これだけで投資枠が埋まってしまう。他の成長分野に充てる投資余力がまるでなくなってしまうことが、経営陣の不安のタネなのだ。

 市場の見方も厳しい。買収金額が約3000億円となれば、丸紅の2012年3月期末の自己資本の33%に相当する。「収益が穀物価格に左右され、一極集中リスクが大き過ぎる」(市場関係者)というわけだ。

 現に、米S&P社は9日、「リスク量と自己資本のバランスが著しく悪化した場合には、信用格付けにマイナス影響が及ぶ可能性もある」と、格下げを示唆したほどだ。

 ただ、丸紅は収益性の低い事業を売却し、資金確保に向けて動くとみられている。着実に事業領域を拡大してきた穀物部隊は売上高を5年間で5倍に伸ばし、丸紅を世界6位にした実績がある。

 リスクを取ってでも戦略の実行に踏み込むか──。丸紅は失敗が許されない決断を迫られている。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 脇田まや)

週刊ダイヤモンド

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧